人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『大切なことは、○○なこと』
日付:2017/07/13
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『大切なことは、○○なこと』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


大切なことは、面倒なことばかり。
面倒だからこそ、大切なことなのかもしれない。


例えば人事制度を一新する時。
私たちから上層部には制度変更のポイントを説明する。
十分な説明資料を用意する。

各現場には所属リーダーが説明してもらうことになるが、
メンバーへ資料だけ渡して3分で終了するといったリーダーもいる。

メンバーの疑問点や不安を聞く時間はほぼない。
形式的には説明を「やりました」ということになる。


考課面談を半年に1回程度やっている企業が多いだろう。
この面談にもリーダーの姿勢が顕著に出る。

採点をした評価シートを渡して5分で終わるリーダーもいれば、
腹落ちするまで対話をし、次の6ヶ月の成長プランを綿密に練る人もいる。

人材育成や動機付けが考課面談の目的のはず。
形式的には考課面談を「やりました」ということになる。


毎週1回15分程度の個別面談を設定し、
部下のPDCAを確実に回すリーダーがいる。

一方でどれだけ上司に「1on1面談をしてほしい」と言われても、
実施せず、部下から質問があった時だけ応える人もいる。

面談をしても、
「くだらない愚痴やできない言い訳ばかりが出てくるんで…」
と言って、その意味を本人は見出さない。


上記の3つの例。
形式的に「やりました」なのか、価値を生む「やりました」なのか、
自分で選ぶことができる。

価値を生む「やりました」にするには、時間も労力も要する。
非常に面倒なことなのだ。


総合的に且つ長期的に見ると、この面倒なことから
目を背けないリーダーが成果を出している。


「面倒だからやりたくない」「面倒だから後にしよう」
「面倒だからそっとしておこう」「面倒だからやっているフリをしよう」
と頭をよぎったことは誰しもあるだろう。

しかしこのツケは大きい。

面倒なことは、むしろ大切なこと。
面倒なことだからこそ、私たちリーダーの出番。

リーダーがメンバーより高い給料をもらうのは、
面倒なことへ立ち向かう労い料なのかもしれない。

-------------------------------------------------------
■【マスコミ掲載】
月刊BOSS7月号に掲載されました。
http://cst-zero.com/wp-content/uploads/2017/06/boss-7.pdf

■1年に1回だけの特別セミナー
【テーマ】 日本でいちばん大切にしたい会社の人材育成術
【講師】 篠木 雄司 氏(株式会社アポロガス 代表取締役社長)
     西 泰宏 氏(西精工株式会社 代表取締役社長)
【日時】 2017年7月27日(木) 14:00〜17:30 (開場 13:30)
【場所】 品川クリスタルスクエア (https://www.fukuracia.jp/shinagawa/access/)
【交通】 JR品川駅港南口から徒歩8分
【費用】 5,000円(税込)
【残席】 3名
http://cst-zero.com/seminar/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■