人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『部長の仕事って何ですか?』
日付:2017/08/25
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『部長の仕事って何ですか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

川崎氏が書いた『部長のルール』。

こちらに目を通していると、
当時の上司から言われたことと全く同じセリフが書いてありました。


「部長の仕事は“管理”ではない。
 “創造”である」


当時の私は、1つの部を任されて、
部を上手く、問題なく回したいと思いました。

その気持ちからか「管理」ばかりに目が入ってしまったのです。


「管理」とはいわば部として決められたことを、
決められた通りに遂行してもらうことです。

警察の取り締まりをしているようでした。

「管理」ができていない部署は、それ以上高度な仕事ができるわけがない。
その考え方は、あながち間違ってはいないかと思います。

しかしそれで部長としての仕事をしている気になっている自分がいました。


その時に上司から言われたのが、
「部長の仕事は管理ではなく創造」という言葉です。

川崎氏も書籍で同じことを書いていますが、
管理だけですと部署は衰退していきます。

創造をしなければ、発展はないのです。
いや、現状維持すらないかもしれません。


管理から創造へ意識を変えるだけでは不十分です。
なぜならば「管理」と「創造」は必要な力が全く異なるからです。

ですから課長時代は優秀だった方が、
部長になり「創造」を求められて、
伸び悩む人をたくさん見てきました。

ですから「創造」は意図的に訓練していかなければ、
いけないのでしょう。

部長の皆さん、「創造」していますか?

-------------------------------------------------------
■【マスコミ掲載】
月刊BOSS7月号に掲載されました。
http://cst-zero.com/wp-content/uploads/2017/06/boss-7.pdf

■四国企業視察ツアー
・訪問先:ネッツトヨタ南国、西精工
・日時:10月26日(木)高知空港11:20集合 〜
    10月27日(金)徳島空港13:00解散
・費用:7万円(税抜)/人
・空席:残5名
チラシ→http://cst-zero.com/seminar/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■