人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『ネッツトヨタ南国から学ぶ〜間違った採用戦略〜』
日付:2017/09/28
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『ネッツトヨタ南国から学ぶ〜間違った採用戦略〜』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


先般、ネッツトヨタ南国さまへ企業視察で行ってきました。

横田取締役のお話はもうかれこれ7〜8回聞いているのですが、
それがどのように現場で体現できているかどうか、
非常に楽しみしていました。

想像通り、興味深い取り組みをされていました。
視察の様子はこちらから。
https://www.facebook.com/cstzero/


来月10月に弊社主催で企画しますので、
こちらもご覧ください。(9/30締切)
http://cst-zero.com/seminar/


横田取締役の講演の中でこんな話がありました。

「給与、賞与、残業、休み。これらは全て待遇です。
 待遇は分け前なのです。

 待遇を前面に出して採用活動をする会社もありますが、
 弊社ではやりません。

 なかには休日が〇〇日ですとアピールする企業もある。
 これはいわば“働きたくない人”を採用しているようなもの。
 根が“働きたくない人”が、出世をして偉くなっていったら、
 その会社はどうなるでしょう?

 今日大企業の一部が経営悪化しているのは、
 上記が理由でもある気がします」


私も横田取締役の考え方に同感します。

待遇面を業界平均並みに持っていく努力は必要ですが、
待遇を“えさ”に入社させるのは危険だと思うのです。

待遇面で勝負したら、
資本力の高い大企業には叶うわけがありません。


人間が本来持っている「価値観」や「志向性」は、
なかなか変わりにくいと思うのです。

待遇を“えさ”に入社させておきながら、
「うちの社員は働かない」「うちの社員は時間で仕事をしている」と
嘆くのは、筋違いかと思うのです。


待遇で入社する人は、待遇に不満を持ち、待遇が理由で辞めていく。
そういったケースが多いのではないでしょうか。


心の奥底では、夢中になり時間を忘れて没頭して仕事をしてみたい。
大変な時もあるけど楽しく仕事をしてみたい。
心が熱くなる仕事をしていみたい。

そういった「志向性」を持っている人を受け入れたいですし、
「志向性」を掘り返して、仲間に加えたいですね。

-------------------------------------------------------
■【対談動画 無料視聴】
「日本で一番大切にしたい会社5」「カンブリア宮殿」などでも
取り上げられた“ふくや”。明太子を日本で最初に作り、
ライバル企業も敬意を表する不動のNO.1明太子メーカー。
人材育成と理念浸透の工夫を紹介します。
http://cst-zero.com/interview/

■四国企業視察ツアー(9/30申込締切)
・訪問先:ネッツトヨタ南国、西精工
・日時:10月26日(木)高知空港11:20集合 〜
    10月27日(金)徳島空港13:00解散
・費用:7万円(税抜)/人
・空席:残2名
チラシ→http://cst-zero.com/seminar/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■