人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『残業が多い!休日が少ない!賞与が少ない! は本当なのか?』
日付:2014/09/11
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業の“育てる”を育てる〜人の力で経営を伸ばす〜■
『残業が多い!休日が少ない!賞与が少ない! は本当なのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

どうすればクライアント先がいっそう人が育つ会社に生まれ変わるのか。
その根本課題を見つけて、解決ストーリーを提示するのが
コンサルタントの役割の一つです。

そのために従業員インタビューを行います。
一人当たり30分〜60分程度。
会社への想い、職場での悩みや困っている事などを聞き出していきます。

このインタビューをするといつも面白い現象が起きるんです。
それは…。



「意見が二つに割れる」



という現象です。
同じことを指しているのですが見方が180度異なるんです。



例えば残業時間について。

Aさんは中途入社で1年目。
「きちんと定時にあがりたいんですけど、あがりづらい雰囲気なんですよ。
 結局、1時間くらいサービス残業をしています。
 定時にきっちりと上がれるような職場にしたいです」

Bさんも中途入社で1年目。
「いや〜。残業が少なくて本当に助かります。前職は1日12時間労働なんて当たり前でしたから。
 今でいう軽いブラック企業ですかね(笑)。
 今は残業1時間くらいですからね。本当に労働時間が管理されていて有り難いです」

例えば休日について。

Cさんは中途入社で2年目。
「うちって年間休日とは名ばかりで有休がとれないじゃないですか。
 プライベートの充実なくして仕事に意欲は湧きませんよ。
 もっと気軽に有休がとれるような環境を作っていけたらいいです」

Dさんも中途入社で2年目。
「以前の職場なんて休日であろうが、ほぼ会社に来ていましたよ。
 そうしないと現場が回らない状況でしたから。
 今の会社は月7日くらいは完全にOFFです。
 家族との時間も取れるし本当にいい会社です」

例えば賞与ついて。

Eさんは中途入社で3年目。
「これだけみんな頑張っているので、もう少し社員に賞与で還元してあげてもいいと思います。
 他の会社に勤めている友人の話を聞くと、うちはやっぱり金額が少ない。
 やっぱり家族を養っていくには実際にお金が必要じゃないですか」

Fさんも中途入社で3年目。
「以前の会社は目標が未達だったら賞与はゼロでした。それに監督職まで昇格しないと賞与は出ませんでした。
 この会社は目標未達でもプロセスを見てくれて、少額でも賞与は出してくれるし
 一般社員でもそれなりの賞与が出る。本当にいい会社ですよね。ちょっと甘いかもしれませんけど」


残業時間、休日、賞与を例に出しましたが、
これ以外にも意見が割れるものは多々あります。(上司のコミュニケーション、会社のルールなど) 


つまり絶対的な基準で人は判断していない。
過去の経験との比較、他人との比較から相対的に判断しています。

無意識のうちに相対的に物事を判断してしまう習性があるようです。

それを知らずに従業員のコメントをそのまま「真実」として受け止めてしまったら、
コンサルタントとしては失格。会社もぐちゃぐちゃになってしまいます。

皆さんも無意識に何かと比較して、コメントをしていることが多いのではないでしょうか?
それは「絶対」的基準ではなく「相対」的基準ということを認識しておきましょう。

--------------------------------------------------------
■10分動画セミナー公開(無料)
会社の中で最も誤解を受ける人が社長です。だから社長は自身の発する一言一言に
細心の注意を払わなければなりません。社長の言葉は毒にも薬にもなるのです。
http://cst-zero.com/seminar/

■『社員に使ってはいけない社長の10の失言』PDF資料(5,000円相当)プレゼント
社長が無意識に放った一言。その一言で社員を傷つけたり信頼を失わせたりしています。
でも社長へ「○○という発言を止めてください」と進言できる社員はほぼいないでしょう。
社長は自分で自分の発言の問題点を見つけなければなりません。
こちらを参考にしてください。
PDF資料→http://cst-zero.com/checker/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■