人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『私が会社の中で一番仕事ができない人です』
日付:2017/10/12
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『私が会社の中で一番仕事ができない人です』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


コンサルティングZEROは6月から4年目を迎えています。
5周年を迎える前に新規事業をスタートさせようというのが、
創業時の目標でした。

そして目標通り、今月から
福祉サービス事業をスタートさせることができました。


セオリーでいけば、
新規事業は「現状の強みを活かした領域」
「現状の事業に付随した領域」だと思います。


でもそれだとワクワク感がなかったんですよね。
私のミッションステートメントとの繋がりが見えなかった。


私は「教育研修事業」「組織人事コンサルティング事業」を
15年近くやってきます。

当然それだけの時間を使っていますので得意領域でもあります。


その得意領域で事業を広げると、

「自分の思い描いた通りにやらない部下にストレスを感じる」

ことが想像できました。


プライドも自信もあります。
だから自分のやり方を求めすぎてしまう気がしました。


そこで会社の中で私が最もド素人で、部下から教わるしかなく、
部下に頼るしかなく、助けてもらわないと何もできない状態で
挑戦したいと思いました。


福祉サービス事業を選んだ理由はその一つです。
私が最もド素人です。

部下に教えてもらってばかりです。
部下の方がはるかに優秀です。


不思議なもので、自分ができないことをやってくれる部下を見ていると、
自然と「尊敬の念」と「感謝の気持ち」が沸き起こってきます。

お世辞抜きで、自分にはない才能をみんな持っていて、
すごいな!と感心する日々です。


例えるならば、私はサッカーをずっとやってきた。
サッカーの世界では、そこそこ自信がついてきた。
周りにもサッカーならば教えられる。

でも水泳の世界に行ったら、ボールを蹴れても意味がない。
水の中では役に立たない能力。
泳げなくて、ただ足を引っ張る存在です。


狭い世界で「俺はそこそこできる」と
いい気になっていただけではないか?と思うのです。


あなたも別の部署に行ったら、別の会社に行ったら、
別の業界に行ったら、別のフィールドで戦うとしたら、
素人でたいした奴ではない。(すみません)

口には出さなくても、「俺ってすごい!」と
潜在的に思っていませんか?

あくまでそれは「小さな世界」で、
人よりちょっとできるだけ。

その程度という謙虚さを持ちたいものです。
-------------------------------------------------------
■【対談動画 無料視聴】
「日本で一番大切にしたい会社5」「カンブリア宮殿」などでも
取り上げられた“ふくや”。明太子を日本で最初に作り、
ライバル企業も敬意を表する不動のNO.1明太子メーカー。
人材育成と理念浸透の工夫を紹介します。
http://cst-zero.com/interview/

■【無料チェックリスト】
20の質問に答えるだけで、
あなたの会社の“理念浸透”レベルが測定できます。
診断結果から理念浸透の重点課題を見つけてください
http://cst-zero.com/checker/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■