人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『自分の強みを自覚している人は少ない』
日付:2018/02/09
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『自分の強みを自覚している人は少ない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


先日残念なことがありました。

ある会社の女性社員(Aさん)が辞めることに。

Aさんは現場スタッフからの信頼があり、
次の監理職候補として、経営側も現場も期待していました。


Aさんの強みは何と言っても「人から好かれる」ということ。

初めてあった外部パートナーに好かれて、連絡がマメに来たり、
お客様と現場スタッフに一部ファンがいます。


私も彼女の「人から好かれる才能」に感心し、
よく賞賛していました。

「Aさん、あなたの人から好かれる資質は才能ですよ。
 他の人が真似したくても真似できないもの。
 その強みは活かした方がいいですよ」

私がこんな風に言うとAさんは謙遜して

「そんなことを言っても何も出てきませんよ。
 松本さんは私を過剰評価しすぎです」

と言います。


私としては過剰評価しているつもりはなく、本心なんです。


そんな彼女が先日、会社へ「事務系の仕事をしたい」と
退職願を出されてきたのでした。

最終的には本人の意思なので、
退職を止めることはできません。


一番残念だったことは、
彼女は自分の強みを最後まで理解されていなかったということです。


Aさんは、
「自分の強みは入力作業が早いことです」
と以前言われていました。

それは「できること」であって「強み」ではない。

プロの世界でみんな仕事をしているわけですから、
「できること」ではなく「強み」を伸ばすことに
注力してほしかったなと思います。


研修の中で、ジョハリの窓を使い、
自身の強みを認識していただくワークをしますが、
半数以上の方が自分の強みに気づいていません。


自分が気づいている強みと他者が認めている強みは違うのです。


「自分のことは自分が一番よく分かっている」と言いますが、
「自分の(潜在的・顕在的)強みを自分が一番よくわかっていない」
のかもしれません。


だからスポーツの世界では、コーチが必要だと言われているのでしょう。

野球の世界で言えば、「野手」を諦めて「投手」を目指したから成功できた人、
「スピードで勝負する投手」から「変化球で勝負する投手」へ切り替えたから
現役生活を長くできた人がいます。


他者から見た強みに耳を傾けてみませんか?


<編集後記>
先日AM10時頃にテレビを付けたら、
なんと!どのテレビ局もある方の不倫騒動でした。
また不倫ネタですか!

不倫についてコメンテーターが推測を踏まえて、
真剣にコメントをしているのがとても滑稽でした。

そんなことに頭を使っている場合か!と。
他に報道することがないのでしょうか?
報道についてもテレビ局毎に独自色を出してほしいものです。

-------------------------------------------------------
■【1on1 中長期組織・人づくり 相談会】
◇日時:ご希望の日時を3候補ご連絡ください。
◇時間:60分
◇対象:限定3名まで
◇費用:1万円(税込)   
ご希望の方は希望日、会社名・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号)を記載の上、
下記メールアドレスまでご連絡ください。
→info@cst-zero.com

◆無料視聴◆
理念を実践し感動が生まれたエピソードを映像化しました。
ある介護施設でのエピソードです。
介護に携わる方へ勇気や希望を与えてくれます。
「No.4特別養護老人ホーム 日本一幸せな最期〜看取り〜」
http://cst-zero.com/episode/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■