人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『問題は解決しなくていい』
日付:2018/03/29
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『問題は解決しなくていい』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


問題のない会社はないでしょう。
いい会社と呼ばれている経営者ほど、
問題は山積みですと答えます。


問題を解決することが良し!とされますが、
あえて問題を解決しない方がいい時もあります。


私の会社でも、
「○○さんと△△さんとで人間関係が悪い。
 互いに文句を言っていて、間に入る私は大変です」

と熊本さん(仮名)が訴えてきました。


彼女はその問題をどうにか解決したいと思っているようです。

しかし私の回答は、

「しばらく放置しましょう」

とのこと。

彼女は何かしら効果的な解決策を
私が提示してくれると思っていたようで、
拍子抜けしたようでした。

この件以外にも、彼女から複数の訴えがありました。
彼女から見れば大きな問題。

でも私の回答はどれも「しばらくほっておきましょう!」と
あっさりした回答。

彼女は問題を起こさないために、
部署でルールを作りたいと提案しましたが
私は賛成しませんでした。

私が反対の立場ならルールがうざいからです。
「そんなに信頼されていないのか?俺」とも
思ってしまいます。


多くの会社も見て、全社を見ている私からすれば、
たいした問題には見えませんでした。

彼女は真面目な性格なので、
解決されないことが気持ち悪いのでしょう。

なので問題の捉え方を緩める会話をしました。

むしろこの問題を解決しようと下手に介入することで、
二人の関係はさらに悪化することも予測できました。


問題を全てなくそうと思わなくてもいい。
問題があるからこそ、
全体で適当に調和が取れていることもある。

その問題が陽性・陰性のいずれなのかを
見極める感じでしょうか。


問題があっても、胡坐をかいてどんと構える。
問題が陽性・陰性か見極める。
陽性ならばすぐに処理にかかればいいのです。



□編集後記□

あまり政治ネタを書くと叩かれるので触れたくないですが、
最近の国会審議はどうにかならないのでしょうか…。

すでに結果が見えていた証人喚問をして、
何もしゃべらない!と怒っていらっしゃる。

やる前から分かっていたでしょ?
そこにあれだけ膨大な時間を使っている。

上のメルマガのとおり、放置すればいい問題。
これ以上、引っ張っても無駄な話。

他に優先度の高い問題があると思うのは
私だけでしょうか?

-------------------------------------------------------
■【インハウス 理念浸透セミナー受付中】
◇目的:理念を作って終わらせず社内で浸透させ、
    採用力・育成力・定着率を向上させる
◇内容:そもそも本当に会社経営に理念は必要ですか?
    間違った理念浸透法をしていませんか?
    経営理念そのものが間違っていませんか?
    形骸化させる3つの要因とは?
    理念が実務に繋がっていますか?
◇時間:120分
◇対象:20名まで
◇費用:20万円(税抜)
◇会場:御社指定の会議室   
ご興味のある方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
→info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■