人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『社長は社内で愚痴れない』
日付:2018/04/20
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『社長は社内で愚痴れない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

「社長は社内で愚痴れない」

そう思いませんか?
社長の言葉は勝手に一人歩きしていきます。


以前のことです。
私がある社員にぼやきました。

「ALの三越さん(仮名)、面倒くさいな。
 他ALの噂を流したり、仕事中にこっそりサボっていたり、
 先輩ALの眞田さん(仮名)を辞めさせて自分が社員になるだの、
 おかしなことばかり言っている。
 有給も〇日以上ください、そうしないと労基に駆け込むとも。
 あんなスタッフに真摯に対応するのは疲れてしまうよ」

私の心境としては、
愚痴らないでは気が収まらないという状態だったのでしょう。
共感して欲しかったのかもしれません。


数日後のことです。
驚いたのが三越さんの職場の方は、
私が愚痴った内容を全て知っていました。

そして話が盛られていて、
「松本社長が三越さんをとても嫌っていて、
 どうにか辞めさせたいとあくせくしている」と。

あるALが教えてくれたのでその事実が分かったのですが、
自分が発した言葉が、雪だるま方式に大きくなり、
下手をすると本人の耳に入る。

組織のトップになると、真摯さやスタッフへの公平さを求められます。
それができていないと信頼を失うんですね。

「下手なことは言えない」
まるで政治家みたいですね。

「脇が甘かった」とも反省しました。

経営者であるならば、
特にマイナス発言はマネジメントしなければいけない
ということを学びました。


顧問契約している企業へ行き、ヒアリングをしていると
組織課題からずれていき、経営者の愚痴も出てきます。

その光景を見るたびに、「経営者も人間なんだな」と思いますし、
「社内で正直に愚痴れなくて苦しいな」とも思います。

経営者は経営者に話を聞いてもらえる場があるといいですね。


毎年7月に大きなセミナーをやらせて頂いていますが、
今年はもろもろの事情により見送りたいと思います。

楽しみにしていた方、すみません。

ですので少人数で経営者向けの飲み会(1回/月)をやります。
そちらでお会いできたら。

■経営者のための“ちょっと一息会”■
◇日時:5月10日(木)18:30〜20:30
◇場所:品川駅近く居酒屋
◇参加者:2名まで(※経営幹部以上)
◇費用:実費負担

ご希望の方は会社名・お名前・当日の連絡先を記入の上、
下記メールアドレスまでご連絡ください。
→info@cst-zero.com

-------------------------------------------------------
◆理念浸透度 チェックシート◆
あなたの会社の経営理念は形骸化していませんか?
20の質問に答えるだけで、
あなたの会社の“理念浸透”レベルが測定できます。
http://cst-zero.com/checker/

◆理念浸透を業績に繋げる企業の秘密◆
理念を社内に浸透させ、業績を伸ばしている企業が
取り組んでいることを取材しました
http://cst-zero.com/interview/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■