人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『財を残す?事業を残す?人を残す?』
日付:2018/06/04
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『財を残す?事業を残す?人を残す?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

弊社は6月で5年目を迎えます。
多くの方に支えていただいております。
この場で御礼を申し上げます。

「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり。
 されど、財なさずんば事業保ち難く、事業なくんば人育ち難し」

白彦基(はくひこき)先生が
富山県高岡市在住の四津井清一氏に贈られた言葉らしいです。

出典は良く知られていませんがあらゆる所で引用される名言です。
ご存知の方も多いでしょう。


簡単に言えば、

「利益を生み出すのは事業であり、事業を生み出すのは人である。
 だから人が最も大事である」

ということでしょう。

1つの会社を持続させていくという観点では、
上記の考え方がピッタリです。

でも「社会づくり」という観点で言うと
何かが足りなかった気がしました。


なので勝手に付け加えさせていただければ、

「財を残すは下。事業を残すは中。人を残すは上。
 (そんな人たちが集まる)いい会社を残すことは上の上」

だと思うのです。

一人の人が会社へ与える影響力は大きい。
一つの会社が社会へ与える影響力はもっと大きいと思うのです。

ひとつの会社から業界全体や社会へ変革をもたらすことに
繋がることもありますから。

いい会社は時代を超えて、愛され、
持続的に繁栄していく。

今後もそういうお手伝いをしていきたいと思います。


□編集後記□
経営者との飲み会の席で

「日大アメフト部の件、笑えないよね。
 企業内でも大なり小なり、ああいったことはあるでしょう」

という話題がありました。

確かにそうですね。

上司は部下の気持ちを引き締めるコメントを言う。
部下はその言葉をそのまま受け取る。

実行して問題が起きると、
「俺はそういったつもりで言っていない」と逃げる上司。
※ただし部下側の受け止め方がずれている場合もあり

そして部下は上司を信頼しなくなるという流れです。

他人事で見られないニュースです。
-------------------------------------------------------
■第3回 経営者相談会■
◇目的:食事をしながら経営者の悩みを整理
◇日時:6月29日(金)18:30〜20:30
◇場所:品川駅近く居酒屋
◇参加者:2名まで(※経営幹部以上)
◇費用:実費負担

ご希望の方は会社名・お名前・当日の連絡先を記入の上、
下記メールアドレスまでご連絡ください。
→info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■