人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『部下を壊すクラッシャー上司 その2』
日付:2018/07/31
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『部下を壊すクラッシャー上司 その2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

前回が「クラッシャー上司その1」をお届けしました。

クラッシャー上司の内側では何が起こっているのか?

松崎氏は『幼児的全能感』を満たすための行為だという。

『幼児的全能感』とは、不快な時に暴言などで威圧すれば、
周囲はそれに怯んで、全て自分の思うとおりに動いてくれて、
自分は満足できるという感覚。


そしてもう一つが『歪んだ自己愛』だという。
『歪んだ自己愛』とは、現状のそのままの自分を認められない。
100%の完成した自分にならないと許せない心理。

仕事の目標達成をする上では強いパワーを見出すが、
そのためなら手段を選ばない冷酷さを伴うそうだ。


上記の精神分析を聞いて、少しモヤモヤが晴れた気がしました。

なぜならば私が見てきたクラッシャー上司は、
攻撃することには長けているが、攻撃されることに弱いからです

ですから「攻撃しても反撃しそうにない人物」を
(無意識に)選んで攻撃しています。

“倍返し”で返すような部下をターゲットにはしない。
上司に危険が及ばない人物を選んでいるのです。

言ってしまえば、彼らは「小心者」「臆病者」であり、
それが真の姿ではないかと思います。


そしてもう一つは、彼らの口癖は
「お前のためだ」「会社のためだ」と言うこと。

目標を達成すること、成果を出すことに
焦燥感を感じているのだろう。
言い方に配慮する様子はない。

高いレベルを要求し、細かい事までチクチク言う。

これらは「お前のため」であり「会社のため」という
大義を付け加える。

大義を掲げられると部下は反論しずらくなる。

『勝者:上司。敗者:部下』という構造を
いつなんどきも壊したくないのだ。

部下に勝利を収めて全能感を満たしている。

言ってしまえば、彼らは「器が小さい」。
おちょこレベルだ。


クラッシャー上司は、注意を受けると
一時は反省する様子を見せるが
人間の本質はなかなか変わらないものだ。

時間が経てば次の犠牲者を出している。

自分を「クラッシャー上司」であると、
まずは素直に認めてほしい。

-------------------------------------------------------
■【特別価格開催】承認力セミナー
同志社大学太田教授の理論と実証研究のもと開発された
「承認カード」を使い、あなたの承認力も測定できます。
「承認力」は、部下を持つ上司の新しいスキルとして
注目されています。

対象:監督職以上
人数:1回あたり20名まで
時間:2.5時間
費用:20万円(税抜)→10万円(税込)
申込期限:8月17日(金)まで

→申込連絡先:info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■