人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『やりがいはいらないので残業代ください』
日付:2018/08/16
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『やりがいはいらないので残業代ください』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

知り合いに勧められた書籍。

『あ、「やりがい」とかいらないので、とりあえず残業代ください』


こういう考え方もあるんだなと視野が広がりました。

内容の一部を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
社畜=会社と自分を切り離して考えられない会社員

社畜を支える仕事観の一つに
「やりがいのある仕事につけたらそれで幸せ」というものがある。

採用説明会等に行くと給料や労働時間ではなく、
「やりがい」が重視される。

経営者にとって「給料よりやりがい」を重視する人は都合がいい。

「やりがい」で働く人たちは、給料と仕事の内容が見合っていなくても
不満は言わない。不満を言わないどころか、「やりがい」を与えてくれる
会社という存在に感謝しながら一生懸命に働く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やりがい」のためにプライベートを犠牲にし、
劣悪な環境でいいように使われて心身ともにすり減ることへの警告だと
受け止めました。


確かに筆者が批判しているような会社もあります。

でも読者が世の中こんな会社ばかりだと思い込んでしまうのも
怖いなと感じます。

従業員が会社から搾取されないように敵対視する。
やるべきことをやらないで、会社から搾取することばかり考える。
そういった従業員が大量発生しなければいいなと。

少なくても私の周囲の経営者は、「やりがい」をぶら下げて
従業員を酷使しようとは考えていません。

通常のビジネスマンであれば平均週40時間近く
仕事をしなければならないし、
他社ではなく自社で働くことを選んでくれた。

ならば少なくても「やりがい」くらいは
感じる環境を作りたいと思っています。


「やりがい」を精神的報酬として、
従業員を酷使しようとする会社もある。

「やりがい」の創造に気を配り、
従業員の幸せを考えている会社もある。

他人の声を鵜呑みにせず、
あなたの目で見分けてほしいです。
-------------------------------------------------------
■【特別価格開催】承認力セミナー
同志社大学太田教授の理論と実証研究のもと開発された
「承認カード」を使い、あなたの承認力も測定できます。
「承認力」は、部下を持つ上司の新しいスキルとして
注目されています。

対象:監督職以上
人数:1回あたり20名まで
時間:2.5時間
費用:20万円(税抜)→10万円(税込)
申込期限:8月17日(金)まで

→申込連絡先:info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■