人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『親の態度が子供の性格に影響を与える』
日付:2018/08/24
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『親の態度が子供の性格に影響を与える』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


アメリカの心理学者サイモンズが
「子供の性格と親の態度の関係性」について分類しました。
大きく分けると4つ。

親の態度次第で子供の性格が形成されるならば、
注意をしないといけないですね。


〇支配型
親は子供に威圧的、強制的に接する。
子供は従順になるが消極的態度になる

〇服従型
親は子供の顔色を伺いながら過ごす。
子供の言いなりになってしまう。
子供は他人の声に耳を傾けず、自己中心的になる。

〇保護型
過保護の状態。
身を守る方法を上手に身につけられない場合がある。
ただ子供は精神的に安定している

〇拒否型
親が子供を無視したり拒否したりする態度をとる。
子供は落ち着きがなくなり不安を感じ、神経質になる。
気を引こうと乱暴な行動を取ることもある。


子供の自主性を伸ばす、子供の意見を尊重するという風潮から、
服従型の親を見ることが増えていませんか?

家庭内で子供の方が権力があるように見えます(笑)。


支配と服従のバランス、保護と拒否のバランスを見て、
最適なスタンスを探していくことが必要ですね。


これは企業に置き換えれば、
「上司の態度と部下の性格形成」とも読み取れます。

部下は大人ですから性格形成なんて大げさですよ!と
言われますが、
私は役割毎に性格を演じる・形成されるとも
思っています。

なので会社員としての性格と父親としての性格は
異なることもある。

会社の顔と家の顔が違う人いますよね?


会社の風土や上司の態度によって、
会社員としての性格を選択し形成されていきます。


上司の方は、会社員としての部下の性格を見ながら、
自身の態度を模索してみてください。

-------------------------------------------------------
■内定者フォロー研修
採用した新卒学生を逃がしたくない。
無事に入社までフォローを企画されている人事担当の方。
学生向けに懇親会だけでなく、セミナーも同時開催したいと
考えているかと思います。
学生向けコンテンツを提供します。
→info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■