人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『創業2年目の会社に経営理念は必要ないのか?』
日付:2018/08/28
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『創業2年目の会社に経営理念は必要ないのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


「松本さんが主専門にされている理念経営。
 これは起業して10年以上経っていて、従業員50名以上くらいの規模に
 なってから必要ですよね?
 今の私には関係がないかな…。」


とある起業2年目の社長に言われました。

たしかにニーズとしては、上記の考えが当てはまるでしょう。

起業して3年未満に廃業まで追い込まれる数が多い。
明日の飯を稼ぐことが必至で、理念なんて言ってられない。


現実はその通りだと思います。


だからこそ、綺麗ごとを言わせてください。


1つは、経営者自身のために理念を軸に置く。

なぜなら起業した当時はそれなりの想いがあったはずです。
それを忘れていきます。

お客様がお金(=諭吉)にしか見えない。

必死でやっているかもしれませんが、顧客が逃げていくでしょう。
本人も理由が分からない。


もう一つは、従業員のために理念を軸に置く。

理念は人を動かすエネルギーがあります。

経営者が「俺の生活のために会社経営をしている」と思っていれば、
従業員は離れていくでしょう。

経営者の生活を守るために働く従業員は皆無だからです。


お金に目がくらんでいき、経営判断を間違えます。

経営者の目を曇らせないために、理念を置き、
自分を正道に戻します。


自分の生活を守ることしか意識が向かないなら、
社員には活気がない。

一緒に働く仲間に希望を見せるためにも理念を置く。


創業からの期間や従業員の数に関係なく、
理念に軸を置いてみませんか。

-------------------------------------------------------
■マスコミ掲載記事 Boss×Wizbiz
理念浸透について話しました。
http://cst-zero.com/wp-content/uploads/2017/06/boss-7.pdf
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■