人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『24時間テレビとCSR活動の共通点』
日付:2018/08/31
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『24時間テレビとCSR活動の共通点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

恒例の24時間テレビ。
ワンパターン化しているから今年は見ないかな…と思いきや、
最後の1時間は見てしまいました。

まるで水戸黄門状態です。
結末が見えているけど、ついテレビをつけてしまう。


担当しているクライアントの中にも、
社内で24時間テレビの募金を集めている企業があります。
個人的には素晴らしい活動だと思います。


芸能人や法人がこういった募金・寄付に名乗りを上げると
「売名行為だ!」「偽善者だ!」とネット上で叩く人がいますね。


そういう批判を見ると、

「あなたは何かをしたんですか?」

と言いたくなりますね。


サッカー日本代表の本田選手の記事が出ていました。

西日本豪雨が起きた際、

「少額ですが、毎月10万円を1年間寄付しようと思います。
家族を失われた方々にかける言葉は見つかりませんが、想っています」

と継続的な寄付を行うことを発表されたそうです。

これに対しても「偽善者だ!」「名前を出さないでほしかった」と
いった批判があったそうです。

名前を出さないことが美徳だとする考え方もありますが、
彼くらい有名ならば名前を出すことによって、
災害地へ注目・関心を集めることもできるでしょう。

金持ちへのひがみ?とも受け取れます。

本田選手は心許ない批判に

「偽善者でもいいので一緒に困ってる人を助けましょう!」

という返事をしたそうです。


会社ではCSR活動と称し、様々な活動をしますね。
売名行為・イメージUP活動と見る方もいますが
社会貢献を意識した活動です。

「地域清掃をする」「地域イベントに参加・協賛する」
「募金を募る」「献血をする」

などはよくある例です。

「パフォーマンスでやるくらいならやりたくない」
と頑なに抵抗する社員が一定の割合で出てきます。

最終的には本人の意思なので、強制はできないですね。

「偽善でもいいじゃない!。
 困っている人が少しでも助かるならば」

と思うのは私だけでしょうか?

偽善者と言われようが、
外野の声を無視して続けていれば、
いずれ善者になることもあるでしょう。

-------------------------------------------------------
■マスコミ掲載記事 Boss×Wizbiz
理念浸透について話しました。
http://cst-zero.com/wp-content/uploads/2017/06/boss-7.pdf
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■