人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『会社のために!はやる気に繋がらない』
日付:2018/09/25
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『会社のために!はやる気に繋がらない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


管理職クラスの方に
「承認力スキル」「指導力スキル」の研修を行うと、
下記のようなことを部下へ伝える方が出てきます。

「○○さん、“会社の為”に努力してくれてありがとう!」

「○○さんの業務は“会社の為”になっている」

「悪いけど“会社の為”だと思ってやってくれる?」

「広い視点で全社を見て“会社の為”に動いてくれる?」


こんな感じです。


私がまだ20代の若手社員だった頃、
当時の上司から同じようなことを言われていました。

申し訳ないですが、私の心は動かなかったです。
やる気のスイッチには至りませんでした。

なぜなのか…。
冷静に振り返ってみました。


理由は2つです。

1つ目は、会社は顔・形がないからです。
私の性格上、顔が見えると俄然やる気が出ます。

メールのやり取りだけのお客様と、
直接あったお客様とでは
私の相手に対する貢献意欲は大きく違います。

それは直接会って、顔が見えているからです。

会社って、何を指しているのか?
なんとなく全体を指しているのでしょうが掴めません。

顔が見えない人の為に!は頑張れないんです。

経営者を身近に感じて、経営者のことが好きならば、
「会社の為=経営者のため」と思えたかもしれません。


2つ目は、会社が好きではなかったからです。

「会社が好きですか?」と聞かれたら、
「別に好きではないです。
 3〜5年くらいで転職をしようと思います」と
答えていたくらいですから。

好きでもないのに「会社のために」と言われても、
やろう!とは思えないですよね。

好きな対象のためにならば、頑張ってみよう!と
思うのが普通ではないでしょうか。


当時の私のような若手社員は
今もなおいるのではないでしょうか?

顔が見えない会社のために!と言われても…。
好きでもない会社のために!と言われても…。

そのようなマインドを持っている部下へ
「会社のために!」という言葉は
ほとんど効果がないかもしれませんよ。

-------------------------------------------------------
■【少人数制】人事部 実例共有会
目的:食事をしながら人事の実例を共有する
   人事課題を解決するヒントを持ち帰る   
対象:人事関連に何かしら関わっている方、または興味がある方
日時:10月24日(水)18:30〜20:30
場所:品川駅周辺
参加費:5,000円(食事代)
開催人数:最小開催人数3名以上
→ご希望者は、info@cst-zero.com まで
 会社名・お名前・参加人数・メールアドレスをご連絡ください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■