人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『愛情があれば“厳しさ”は伝わるのか? PART1』
日付:2018/11/29
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『愛情があれば“厳しさ”は伝わるのか? PART1』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


人を育てるには、
それなりの"厳しさ”は当然必要になってきます。

ここでいう厳しさは、伝え方だけでなく
仕事の基準なども含めてです。


厳しいスタイルで人材育成を行っていく方は、
口を揃えて言います。


「愛情があれば厳しくても人はついてきますよ。
 大事なことは愛情があるかどうかなんです」


私も過去、そう思っていた時期がありましたが
現実はそうでもありません。


1.愛情が伝わっているか?

「愛情があれば…」というのは、あくまでも自分視点。
「愛情を感じていれば」というのが相手視点です。

愛情を感じていなければ、
厳しさはイジメにしか受け取られないかもしれませんね。


2.信頼関係があるか?

「この人に言われるならば納得ができる」という信頼関係。

厳しさを求める側は、他人からよく見られています。

言動や態度に一貫性がない、誠実さがなければ、
「お前が言うな」と思われ、聞き流されるでしょう。


3.自己肯定感はあるか?

自己肯定感とは
「自分は価値がある存在だと認められる力」です。

自己肯定感がとても低い方にとっては、
厳しさは「強烈な否定」にしか
伝わっていないかもしれません。


私事ですが、先日ある面談に立ちあいました。

上司のYさんは、
部下のTさんに率直にフィードバックしました。


上司:
「Tさんは〇〇がダメだ。これは直さないといけない。
 どうして〇〇をしてしまうんだ。
 ○○を直せないならば、うちのチームには正直必要ない」

部下:
「…」

上司:
「私はこれからもあなたと一緒にやっていきたい。
 〇〇さえ直せれば、あなたはとても優秀だ。
 これからも甘くするつもりはない。
 それはあなたに期待してるからなんだよ」

部下:
「ありがとうございます。がんばります」


そういって面談は終わりました。

面談の最初は、部下にとって厳しい内容でした。

でも最後は言いたいことが言えた、
スッキリした状態に見えました。


でも翌日、部下のTさんは何と言っていたか。

「Yさんから相当つめられました。
 あんなに怒るなんて上司としてどうなんでしょう。
 顔も合わせたくない」



えーーーーーー!


全く伝わっていなかったのです。

「否定しかされてない」という認識です。
後半の話は記憶喪失です。


その場にいた私には「愛情ある厳しさ」に
見えたんですが…。

 
結論から言えば、Tさんには
「愛情がある厳しさは伝わらない」
と推測しました。


彼は自己肯定感が非常に低いからです。

そんな状態の方へ、
愛情ある厳しさは意味を成さないのです。


では自己肯定感が低い人を見分けるには
どうしたらいいのでしょうか?

長くなってきたので、また次回に。

-------------------------------------------------------
■【1on1 経営相談会】
◇日時:12月18日(火)10:00〜11:00、11:30〜13:00
    12月19日(水)10:00〜11:00、11:30〜13:00
◇時間:60分
◇対象:経営幹部の方
◇費用:1万円(税込)   
ご希望の方は希望日時、会社名・お名前・連絡先(メールアドレス・電話番号)を記載の上、
下記メールアドレスまでご連絡ください。
→info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■