人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『任せたいけど任せられない その3』
日付:2019/03/22
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『任せたいけど任せられない その3』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


上司は部下に仕事を任せたい。
でもなぜ任せられないのか。


◯部下に負担がかかるから

部下を大切にしたいと思う上司ほど、
部下の物量や特性を把握しています。

「これ以上仕事を任せると彼・彼女はパンクする」

「この仕事を任せると他の仕事が止まる」

「この仕事を任せると
 彼・彼女のモチベーションが下がる」

「この仕事は彼・彼女が苦手な仕事。
 きっと嫌な顔するだろうな」


こういったことを考えます。

上司の「配慮」なのか「遠慮」なのか。

もし「遠慮」ならば、
自分が全て背負えばいいということになる。

結果、自分の仕事は何一つ減らない。


より弱い立場の人間を救うという
世の中の風潮があります。

乱暴な任せ方をすると「パワハラ」と
いう部下もいるくらいです。

ですから部下の顔色を伺う上司は
増えざるを得ません。


「嫌な顔をされるくらいなら自分でやっておこう」

となってしまうのです。

上司が仕事に追われている姿を見れば、
さらに「役職者になりたくない」人が増えるでしょう。


部下への配慮した任せ方とは?

それは部下の仕事の「交通整理」をすることです。

今やっている仕事で、

「止めるもの」「簡素化するもの」

「他者へ移行するもの」に分類していく。

その上で上司の仕事を任せていく。

それをしないと部下視点では、
ただ仕事が増えていく未来しかありません。

今でもギリギリでやっているとすれば、

「この状態でさらに仕事が増えて、
 残業までするなって言われても
 はたしてどうしたらいいか…」

と思うでしょう。


任せることと交通整理はセット。

それが配慮した任せ方です。

-----------------------------------------------------
■無料インタビュー動画 公開中
あの企業はなぜ伸びたのか?
少しだけ秘密を公開してくれました。
http://cst-zero.com/interview/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■