人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『新社会人がやる気を奪われるセリフとは?』
日付:2019/04/22
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『新社会人がやる気を奪われるセリフとは?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


社会人1年目と社会人2年目の男女1000人を対象にした
インターネット調査(ソニー生命)の結果が記事に出ていました。


◯最もやる気を奪われてしまうセリフは?

・「この仕事向いてないんじゃない?」(31.0%)
・「やる気ある?」(25.5%)
・「ゆとり世代だなあ」(23.7%)
・「そんなことは常識でしょ」(18.2%)
・「前にも言ったと思うんだけど?」(14.0%)
・「ちゃんと考えたの?」(13.3%)

こういったことが上位のランキングに入っています。


◯やる気に火がつくセリフは?

・「君がいて助かった、ありがとう」(43.0%)
・「本当によくがんばった」(30.7%)
・「何でも相談してね」(25.8%)

こういったセリフが上位のランキングに入っています。


ドキッとした方も多いのでは?

やる気を奪うセリフを言ったことがあるな…と。


やる気に火がつくセリフはどうですか?

意外と簡単ではないですか?
恥ずかしさや照れを捨てて
「感謝」と「労い」を常日頃から伝えるだけです。


「承認する」ことをやりたがらない管理者が
多いことに驚きます。

だってお金は1円もかからないじゃないですか。
有限ではなく無限ですよ。

無料でかつ伝え放題です。


それなのに「ありがとう」「助かったよ」を
ケチっている。


さらに時代遅れな人は、

「私みたいなタイプは、
 たまに褒めるから効果がある」

とか言っている人。

褒められない自分を肯定しているだけです。

昭和時代の先生にでもなったつもりでしょうか?


褒めたら図に乗りそう…と危惧する人もいますが、
それは褒めて、終わっているからです。


部下は全員女性だと思った方がいい。

女性がきれいになるのは、
男性から誉められた時です。

1年に1回しか褒めなかったらどうなるやら…。

-----------------------------------------------------
■無料インタビュー動画 公開中
あの企業はなぜ伸びたのか?
少しだけ秘密を公開してくれました。
http://cst-zero.com/interview/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■