人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『社長の好き嫌い はダメですか?』
日付:2019/05/20
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『社長の好き嫌いってダメですか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


ある会社の社員Aさんと食事をしていた時のこと。


Aさん:
「うちの社長は、社員の好き嫌いがあるんです」

松本:
「私もありますよ。ダメですか?」

Aさん:
「社長はダメですよ。みんなと上手くやっていかないと…」

松本:
「どんな社長だって、苦手な社員は一定数いると思いますよ。
 バレないようにしているかだけの違いでは?」

Aさん:
「そうなんですか。社長は人格者でないと…」


こんなやりとりがありました。


2:6:2の法則は、人間関係でも存在すると言われます。

2割:自分に好感を持ってくれる人
6割:状況や行動次第で自分に好感を持ってくれる人
2割:自分に好感を持ってくれず否定する人


ある程度の人数が集まれば、
一定数の人からは好かれないと思うと気が楽ですね。

つまり社長が何をしても
「社長は好き嫌いがある」「人によって態度が違う」と
いう人は一定数出てしまうのです。


特に30名以下の小さな企業。
小さな企業で大きな企業と競わないといけない。

「社長は好き嫌いがある」という人は、
この社長と一緒に働かなければいい。

小さい=少数精鋭部隊になる必要があります。

だから社長が好きなメンバーというよりも、
現実的に社長が嫌いではないメンバーで
チーム編成したほうが生産性も成果も高いでしょう。


もちろん大きな会社になっていけば
事情は異なってくると思います。


ただ小さな企業で厳しい市場で生き残っていくには、
社長のリーダーシップが一番の鍵です。

リーダーシップという炎に水をかけるような人は、
むしろ居ないほうがいいのではないでしょうか。

-----------------------------------------------------
■創業5週年記念■
皆様のご支援のおかげで今月5月で満5年。
6年目に突入していきます。

そこで何かお役に立てないかと
思っている所です。第一弾です。

5/31までの限定で5社限定でプレゼントです。

1.経営相談会 (1万円→無料)残2社
対象:経営者、管理者
内容:経営相談、人事相談
時間:60分程度
場所:品川近辺または御社商談ルーム
費用:往復交通費のみ
→info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■