人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『“宗教くさい”は褒め言葉』
日付:2019/06/06
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『“宗教くさい”は褒め言葉』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


いい会社を作るためには、
理念浸透は避けて通れません。


理念浸透を進めようとすると、
また理念経営を本格的に進めようとすると、
一部の社員から“宗教くさい”と言われることもある。


約20年前に京セラでお世話になりましたが、

同じ新卒同期の中にも、

“フィロソフィとか宗教くさくない?”

と言っている人がいました。

たぶんこの人は、面接では違うことを言っているのでしょうが、
一部上場や知名度で会社を選んだのかもしれません。


社員や関係者から
あなたの会社“宗教くさい”と言われたら、
それは見方を変えれば褒め言葉です。


その会社独自のイズムがあり、
風土形成がされている証拠です。


“宗教くさい”と揶揄する人の特徴は、

自分に自信がない人が多いですね。


自分の中に確固たる考え方がない。

だから誰かの他人の哲学を聞いて、
その人の色に自然と染まってしまうのが怖いんです。

だから“宗教くさい”と言って、
距離を取りたがるわけです。

自分に信念(=哲学)を持っている人が
そういうことを言いません。


考え方にはフラットに捉えて、
「いろんな考え方があるね」と
一次元で捉えることもできる。

でも現実には、
考え方には次元が存在します。

次元が異なる人通しでは、
なかなか理解し合えません。


稲盛先生が以前、

“フィロソフィというと宗教ぽいという人がいるが、
 良い考え方(原理原則)を学んで、
 その人に何かデメリットがあるのか…”

と言われたと聞いたことがあります。


“宗教くさい”と思うならば、
その会社を辞めて転職しましょう。


学校が本来の機能を果たせなくってきている今日、
企業が学校の代わりに「道徳」を教えていくことは
新たな役割だと思うのですが。

//////////////////////////////////////////
◆◇福岡(博多)で人事個別相談やります◆◇
内容:人事相談会   
対象:経営者、管理者
日時:6月20日(木)15:30〜16:30
         17:00〜18:00
6月21日(金)9:00〜10:00
        10:30〜11:30
時間:60分程度
場所:博多駅周辺のラウンジ
費用:1万円(税込)
問合せ:info@cst-zero.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■