人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『成功する事業継承とは?』
日付:2019/07/12
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『成功する事業継承とは?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


先日、ある会社の会長とお話していたときのお話です。

その会社では会長の娘さんが後継者として
事業を継承されています。

女性社長がほとんど見られない業界です。

珍しいケースなので聞いてみました。


「なぜ娘さんは社長を
 引き受けることにしたのでしょうか?」


「私も継がせるつもりはなかった。
 でも本人がやりたい!っていうんですよ」

「どうしてやりたいって言われたんですかね?」

「うちの会社はお客様からの評価が高い。
 従業員の満足度も高い。
 地域からも、なくてはならない存在になってきた。
 彼女には魅力的な会社に映ったのだと思います。
 そしてもっと魅力的にしたいと思ったそうです。
 魅力的でなければ、大変な社長業をやりたいと
 言うはずがありませんよ」


なるほどなと思いました。


世の中では、中小企業の事業継承が
社会問題になっていますね。

継承してくれる人がいなくて、
黒字であっても廃業する企業が多々あると聞きます。


継承者は、3つ選択肢から選ぶしかありません。

社内メンバー、身内、外部とのM&Aです。


ババのくじを引くような事業継承ならば
どなたもやりたがりません。


3つの選択肢のいずれにしても、
「魅力的な会社」でなければ、
継承者は現れないでしょう。


上の会社を例にあげたとおり、
「いい会社」「魅力的な会社」にすれば、
継承者が選べるかもしれません。


黒字化しているだけでは、
いい会社とは呼べない。 


あなたが経営者であるうちに、
もっと魅力的な会社にする努力をしましょう。

何年後、何十年後にスムーズな事業継承が
できるかもしれません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■