人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『成功する事業継承とは? PART2』
日付:2019/07/23
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『成功する事業継承とは? PART2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


多くの会社では、
創業者と二代目社長はタイプが異なります。

そして二代目社長と三代目社長もタイプが異なります。


ある会社で4代目の社長は、

「先代が生業を始め、
 二代目が商品開発をし、
 三代目が営業で全国へ販路を広げた。
 そして四代目の私が海外へ展開をした」

といったことを言われていました。

つまり4代とも持っている強みもタイプも
異なるということです。


「4代ともタイプが違ったから、
 今日まで上手くいっている。
 同じタイプの社長が継承していたら
 今の会社はないかもしれない」

ともおっしゃっていました。

100年というスパンでみれば、
4代それぞれの役割があったのかもしれませんね。


4代に渡って共通に受け継がれているものもあります。

「最高品質以外は顧客へ提供しない」

ということです。

これは今もなお引き継がれているようです。


事業継承する際、
違うタイプ経営者が継承したほうが
会社が違う次元にいくことができると思います。

でも根底に流れている「価値観」は一緒なんです。


異ならない価値観を持ち
異なるタイプの経営者に引き継ぐ。


タイプの違う経営者を見ると、
以前の社長と違う!と表面だけみて
判断してしまいがちです。

でも根底の理念が一致しているならば、
手法は変わってもいいと思いませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■十方よしTV 6月号 一部無料公開
<タイトル>
『わけあり社員を活かす経営!社会貢献の本質とは?』
従業員62人のうち67%にあたる42人が“わけあり社員”
どのように人材を活かしているのか?に迫る。
https://youtu.be/KAki35aBDOY
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■