人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『サラリーマンの特権を使う』
日付:2019/08/01
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『サラリーマンの特権を使う』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


先日、経営者Aさんと話していて
ハッとしたことがあります。

その方は40歳で数十億規模の会社の代表をされています。
25歳で企業されているので15年近く経営者経験があります。


Aさん:
「松本さんは起業される前、
 サラリーマン経験はどれくらいありますか?」

松本:
「私は10年くらいですかね」

Aさん:
「それは羨ましい。
 サラリーマン時代の後悔ってありませんか?」


後悔?

私は答えがすぐに出てきませんでした。


Aさん:
「サラリーマン時代でないと経験できないことって
 あるじゃないですか。
 私はサラリーマン経験は3年くらいしかないんです。
 いま思い返せば、この3年間をもっとフル活用して
 おけばよかったと後悔しているんです」


松本:
「どのような後悔ですか?」


Aさん:
「だってサラリーマンってお金もらいながら、
 いろんな勉強ができるじゃないですか。
 もっといろんなことにチャレンジして
 失敗しておけばよかったと思うんです。
 失敗しても会社が最終的に責任を追ってくれる。
 代表となった今ではそれができない。
 サラリーマンという特権を使って、
 もっと経験値を積み重ねることが
 できたと思うんです」


なるほどなと思いました。

言われてみれば、
20代の私が目の前にいるならば、

「会社をフル活用してもっと成長しなさい。
 失敗したって会社があなたを守ってくれる。
 失敗の数はあなたの財産になる」

とアドバイスをするかもしれません。


自分がサラリーマンだった時は、
このような特権まで考えられていませんでした。

むしろ組織内のしがらみや制約条件が多くて
自由にできない「窮屈さ」ばかり感じていました。


でも冷静に振り返れば、
自由がなかったというよりも、
自由にチャレンジする権利を
放棄していたのではないかと思います。 


今、置かれている環境に
不満を持っている人も多いでしょう。

見方を変えて、
この環境だからこそできることにも
目を向けてみてください。

///////////////////////////////////////////////////
■十方よしTV 6月号 一部無料公開
<タイトル>
『わけあり社員を活かす経営!社会貢献の本質とは?』
従業員62人のうち67%にあたる42人が“わけあり社員”
公益資本主義をもとに、社会貢献を軸におく経営を
されているアップライジング様にお話を伺いました。
https://youtu.be/KAki35aBDOY
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■