人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『研修には綺麗ごとが必要です』
日付:2019/08/16
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『研修には綺麗ごとが必要です』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


先日、福祉関連の研修を受講しました。

テーマは虐待防止。
1年に1回は受講するように義務づけられています。


運営側は利用者さんが何か事故に巻き込まれたり、
トラブルを起こしてしまうことを恐れます。
責任問題にまで発展しますから。

自然と安心・安全の観点で「管理」的側面が
増えていきます。

すると利用者さんとしては、
束縛されている感覚を持つ。自由がないと感じる。

一人の人間として、
権利擁護ができていないと判定されるかもしれません。


逆に一人ひとりの自由意志を尊重すると、
運営側はリスクを追うことになる。

毎日トラブル対応、イレギュラー対応で
職員は疲弊するでしょう。


この狭間でどこの施設も闘っているかと思います。


当然、研修の内容は理想論的な話になります。


グループワークをやると
「そんなに簡単にできたら現場は苦労しない」
と愚痴がよく出てきます。


研修は理想論でもいいと私は考えます。

なぜなら理想論が語られないと、
現場の事情を言い訳にして、
現状から何も変わらないからです。


「今の現場はそうかもしれないけれど、
 理想は◯◯だよね?
 今のままだと良くないよね?」

と自己矛盾を起こすこと。

そして自己矛盾を少しでも解消するために、
少しでも改善するアクションを起こす。

研修は自己矛盾を起こすこと。
これも大きな役割ではないでしょうか。

///////////////////////////////////////////////////
■十方よしTV 6月号 一部無料公開
<タイトル>
『わけあり社員を活かす経営!社会貢献の本質とは?』
従業員62人のうち67%にあたる42人が“わけあり社員”
公益資本主義をもとに、社会貢献を軸におく経営を
されているアップライジング様にお話を伺いました。
https://youtu.be/KAki35aBDOY
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■