人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『みっともないスピーチを止めよう』
日付:2019/10/11
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『みっともないスピーチを止めよう』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


経営幹部ともなると、
社内でスピーチをすることも増えるでしょう。

朝礼、会議、研修会、懇親会。
結婚式のスピーチなども頼まれるかもしれませんね。


これだけは止めた方がいいということを
アドバイスさせていただきます。

なぜかといえば誰も偉い方にはアドバイスをしないので、
ご本人が気づかれていません。

永続的に改善されないからです。



1 話が長い

司会泣かせな方です。
おそらく司会の方から事前に

「1分でお願いします」
「3分でお願いします」
「手短にお願いします」

と言われているはずです。

その時間を無視する。
時間を全く気にせずに話したいことを話す。

懇親会の乾杯などで、
中身のない話を聞かされる立場になってみましょう。

目の前にビールがあるのにお預け状態。


参加者の心の声、

「早く終わってくれ」

が聞こえないのでしょうか?

話は手短にすることが原則です。



2 過剰な謙遜

「話下手なので、結論のない話になるかもしれません。
 何卒ご了承ください」

「こういう場に慣れていないので、
 うまく話せないかもしれません。
 どうかお許しください」

「急に振られたので何を話していいか分かりません。
 拙い話になるかもしれませんがお許しください」


エキスキューズから入ります。
これには不快感を抱きます。

中身のない話でやたら長かったとします。

なおさらこのエクスキューズに
イライラするのではないでしょうか。

過剰な謙遜はみっともないのです。


以上2点。

様々な所でスピーチをする機会がある方。
最低限、気をつけてください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■