人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『利益は残ったウンチにしかすぎない その2』
日付:2019/10/17
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『利益は残ったウンチにしかすぎない その2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


伊那食品工業様では、
「営業会議では数字の話はいっさいしない」と言われていました。

中央タクシー様でも
「ノルマは一切ない。数字の話はない」と言われていました。

他にも少数ではありますが、
ノルマ(課せられた目標)がない会社は存在します。


世の中の企業の大半は、営業会議=数字の積み上げ会議。

ですから数字の話が一切ない会議に驚きます。

同時に数字の話を一切しないのに、
業績がいいことが不思議でならないという声も。


宇都宮会長と以前対談させていただいた時に

「業績と言って業績が上がるならば、業績を1万回言い続ければいい。
 でもそんなことはありえない。
 理念と1万回言う。理念を実践することが結果、業績に反映される」

と言われていました。



数字が語られない営業会議を羨ましく思い、

「うちも明日から営業会議で数字の話を一切止めよう」

という経営者がいましたが、それはまた違う話のように思います。


数字責任を誰が負っているか。
プロセス遂行責任を誰が負っているか。

経営者まで数字を見なくなったら、やはり舵取りができません。
業績は成績表のようなもの。
経営者は業績を自分事で捉えていないといけない。


数字責任を追わせることで、
返ってパフォーマンスが下がってしまう人もいます。

そういう人にはプロセスに集中させることが、
返ってよい成績に繋がるでしょう。


何よりも大事なことは、自分たちが扱っている商材やサービスが
社会にとって有益で、顧客を幸せにできると信じていること。

そうすれば「業績を上げなさい」と人から言われなくても、
自ら動きます。
営業活動が顧客を幸せにする活動そのものなのですから。


営業会議で数字を扱わないと、
もっと業績が下がりそうだと心配になっている経営幹部の方。

一度、営業会議を止めてみてもいいでしょう。

また社員は自社の商材やサービスを愛しているか、信じているか、
確認してみてはいかがでしょうか。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■