人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『従業員の好意に甘えてはいけない』
日付:2019/11/01
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『従業員の好意に甘えてはいけない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


京都に佰食屋という飲食店があります。
昼時に100食を売り切ったら営業は終了です。

「それで経営が成り立つのか?」

飲食業界が長い方ほど不思議に思うそうです。
私もその一人でした。

働き方も含めて、
飲食業界の常識を覆す中村社長。


中村社長にインタビューした際、
このようなことを言われていました。


「残業をしないと利益が残らない。
 それならば商品・サービスがダメか、
 ビジネスモデルがおかしい。
 
 従業員に我慢してもらわないと、
 ときにはサービス残業をしてもらわないと
 利益が出ないならば、すぐに止めるべきだ。

 従業員の好意に甘えて、利益を出してはいけないし、
 それが普通になっている経営者もいる」


ドキッとするコメントでした。


会社や全体最適を考えて、
自己を犠牲にして貢献する社員は一定数います。

私含めて、経営者はその人達の好意に
甘えてしまうことがあるかもしれません。

それが常態化してはいけません。


T社に訪問した時のことです。

夜遅くまで会社に残っている社員がいて、

「成果が出ていないからサービス残業するのは当たり前です。
 成果を出せない人は人として扱われない!と
 教えられましたらから」

と言われてました。


確かに成果の個人差は出てしまう。

とはいえ経営が芳しくない理由を

「社員の頑張りが足りないから」

で片付けてしまうことは非常に危険です。


経営者は従業員の気合や根性に甘えず、
経営者のやるべきことをやらないといけません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■