人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『100%納得しなくてもスタートを切る』
日付:2020/02/19
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『100%納得しなくてもスタートを切る』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


最近は、部下が上司に気をつかう以上に
上司が部下へ気を使っているように感じます。


何をするにしても部下の承諾をもらうように
丁寧に説明をされるリーダーもいます。


これくらいでバランスが取れているのかもしれません。


リーダーから部下への丁寧な説明。
これはぜひやってもらいたいし、やるべきだと思います。


先日、優しすぎるリーダー(Tさん)に会うことがありました。

Tさんは何をやるにもしても
部下の前向きな承諾を求めます。

「嫌々やってほしくないんで…」

その気持ちはわからなくもないですが。


それを逆手に取ってか、単なる子供なのか。

嫌な顔を露骨に出すスタッフが
彼のチームには数名いました。


「大反対」だった人が丁寧な説明をしたからといって、
「大賛成」に心が変わることは稀です。
せめて「反対をしなくなる」くらいでしょう。


部下の「100%納得」を追求することは、
マネジメントスタンスとしては立派です。

ただ部下100%納得しないと着手をしないとなると
話は別問題。


100%納得の努力はする。
100%に満たなくても、
始めながら100%納得に近づける。


賛成しない=反対という解釈をしない。

概ねの反対がなければ、
進めることが時には必要かと思います。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■