人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『直近の印象が良ければいいのか?』
日付:2020/04/17
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『直近の印象が良ければいいのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


「人間は感情的に物事を判断する」

このように言われています。

「自分は論理的な人間である」と思っている方でも
感情的に情報を判断し、意思決定してしまうことが
あるでしょう。


企業内の人事評価にて、

「直近の印象に引っ張られない」

という原則を考課者研修にて伝えますが
どうしても直近の印象で引っ張られます。


Aさんへの直近の印象=Aさんへの直近の感情
で評価が変動してしまうんですね。


あまり触れたくない話題ですが、
政治の世界でも応用されます。

選挙の直近では、悪い印象を与えないために
意見が分かれるものは結論を出さない。

あえて先延ばしにします。
失態を侵さないことに重きを置く。

直近の印象を悪くすると
投票数に大きく影響を与えますから。

意地悪な見方をすれば、
選挙の直近にはポイント稼ぎが必要になりますね。

恐ろしいことにスキャンダルを隠しておいて、
そのタイミングで公開し、
足を引っ張ることもあるようですが…。


本来は任命期間でどれだけの結果を残したのか。
冷静に評価するべきなんですね。


人が人を評価するのは難しい。

直近の評価が自分の感情を支配してしまう。

これだけは注意しておきたいものです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■