人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『リモートワークから見える会社の風土』
日付:2020/06/26
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『リモートワークから見える会社の風土』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。ご希望されない方は
  購読解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/)


コロナ危機により固定費がかかる事務所を整理し、
最低限の拠点だけ構える企業も出てきています。

職場(=人が集まる場)の価値が
問われてきそうです。

人がそこに集まり、何かを生み出せないならば、
事務所という箱は不必要と判断される。

なんとなく事務所を構えていた企業も
目が覚めたようです。


職種によってはこのままリモートワークを
継続する意向という会社も多いそうです。


リモートワークに向けて、
ITインフラ整備、
制度やルールの整備、
これまでのマネジメントスタイルからの転換が
求められています。


興味深いのはこれらを構築する背景には、
会社の風土が色濃く出るということです。


大きく分ければ、
「性善説」なのか「性悪説」なのか。

人間は怠ける弱い生き物なので、
「性善説」に100%従うことが良いとは言いにくい。

バランスの問題かと思います。


「性悪説」に基づくと、
やたら「縛るルール」が増えていきます。


・今日1日のスケジュールを事細かに出すこと

・1つのタスクが終わる度に報告を入れること


これくらいならまだ許容範囲かもしれませんが、

・ずっとオンラインで繋がっている状態にすること

・休憩時間を逐一報告すること

・上司からのメール本数が以前と比べて増えた。
 (※内容はどうでもいいかなと思えることも)
 それに直ぐに返信するように注意を受ける


一部の社員からは、

「なぜ職場でもやっていなかったことを、
 リモートになるとやり出すのか?
 窮屈感を感じる。
 このまま続くならば疲弊するので
 リモートワークを解除してほしい」

という不満も出ています。


性悪説がベースにあれば、
1日8時間という勤務時間内で
少しもさぼらせないように監視しようとする。


監視しようとすればするほど、
マネジメントコストが上がります。

そもそもマネージャーの仕事って
監視することでしたっけ…。


リモートワークに向けた整備だけでなく、
風土改善も同時に必要になります。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■