人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『典型的にダメな管理職の禁句 Part8』
日付:2014/11/28
差出人:株式会社コンサルティングZERO 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業の“育てる”を育てる〜人の力で経営を伸ばす〜■
『典型的にダメな管理職の禁句 Part8』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちわ。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


管理職の「これはダメ!」という禁句をご紹介しています。
今回は第8回目。

思い当たる方はすぐに改善しましょう。


本日の禁句
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回もそうでした
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Aさん)
「求人を出しても人が来ないんです」

「そうですか。なぜキャッチコピーを変えないんですか?」

「前回もそうでしたから…」

「前回は問い合わせが多かったということですか?」

「いや、そうでもないですけど…」


(Bさん)

「今年もお客様向けのクリスマスイベントをやりたいと思います」

「よいですね。何をされるんですか?」

「昨年の企画はそんなに反響は悪くなかったので、今年も続けようと思います」

「昨年来られたお客様も来ますよね?大丈夫ですか?」

「…」


(Cさん)

「今年の内定式は何をされるんですか?」

「昨年と同じです。内定式はやることに意味がありますから」

「何か新しい企画を取り入れたりしないんですか?」

「業務に追われていてそれどころでは…。前回は特に問題ありませんでしたし」


Aさん、Bさん、Cさん。最終的に言っている事は同じです。
「前回もそうだったから、冒険しません」といった前例主義。

本人もベストだと思っていなくても、時間がないからという理由で
何も変えようとしません。

お客様最前線で仕事をしている方は実感していると思いますが、
前回うまくいったからといって、
全く同じことをして同じ結果がついてくるということは、ほぼありません。

よりベターな方法を模索しないと、右肩下がりです。


私は最近、面白い傾向に気づきました。

それは社内行事・業務などでマンネリ化している企業は、
お客様へ提供しているサービスもマンネリ化しつつある。

一方、社内行事・業務などでも常に変化をもたらしている企業は
お客様へ提供しているサービスも変化しています。


社外向けのサービスだけ変革しようとしても行き詰まります。
社内向けの行事・業務も1つ1つ変化させることが必要なんですね。

社内・社外で変化をもたらす一貫性。
この企業文化があってこそ、他社に負けない企業になれるのだと思います。

--------------------------------------------------------
■ブログ更新中
メルマガでは書けない参考になる情報はこちら
http://cst-zero.com/category/blog/

■『社員に使ってはいけない社長の10の失言』PDF資料(5,000円相当)プレゼント
社長が無意識に放った一言。その一言で社員を傷つけたり信頼を失わせたりしています。
でも社長へ「○○という発言を止めてください」と進言できる社員はほぼいないでしょう。
社長は自分で自分の発言の問題点を見つけなければなりません。
こちらを参考にしてください。
○PDF資料
http://cst-zero.com/checker/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0022 東京都品川区東五反田4−5−1−303
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■