人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『ブレていませんか?』
日付:2015/01/06
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業の“育てる”を育てる〜人の力で経営を伸ばす〜■
『ブレていませんか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。

2015年も皆様のお役に立てるようなコンテンツを提供できるよう尽力致します。
本年もよろしくお願い致します。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


今日のテーマ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
変えないことを明確にするから、変えるべきことが見つかる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある先輩経営者がこんなことを教えてくれました。

「松本さん。経営は状況に合わせて柔軟に対応しなければならない。
 でも同時に柔軟に対応してはいけないこともある。
 分かるかな?」

「えっ!?どういった意味でしょうか?」

「変えてはいけないことと変えるべきことがあるんだ。
 これを間違えると経営はうまくいかない。
 変えていはいけないことを明確にするから、
 変えるべきことが明確になっていくんだ」

「はぁ…。そういうもんなんですね…」


当時の私は頭では理解したつもりでしたが、最近になってこの教えの意味が分かりました。

私の言葉で翻訳するならば、
「柔軟性」と「ブレる」では、異なるということです。

両方とも状況に合わせて変化させるという意味で使いますよね。
でも「柔軟性」はプラスの意味、「ブレる」はマイナスの意味で使われます。

変えてはいけないことを変えること=ブレる
変えてよいことを変えること=柔軟性

という言い方もできます。

会社経営で言えば、企業理念やビジョンや行動指針。
店舗・施設経営で言えば、ビジョンやコンセプトや運営方針。
部門経営で言えば、ビジョンや部門方針。

こういったものは、簡単には変えてはいけませんね。
なぜなら「道しるべ」であり「判断基準」になるからです。

このように変えてはいけないものを明確にした時に、
変えるべきこと(方法・手段)がどんどん見つかっていきます。


介護事業を営むある施設長がスタッフへこう話しました。

「私はこの施設を、ご利用者にとって最も身近でゆとりのある場所にしたい。
 ご利用者の最期を最も幸せな状態で迎えてあげたいです」

施設長の思いが伝わってきて、会議の雰囲気がガラッと変わりました。

この理念・方針を変えないと決めるからこそ、
介助方法・店内装飾・対外告知・接客・情報共有手法などで
変えるべきことが見つかっていきます。


皆さんは、会社・部署・チームを経営・運営する中で、
変えてはいけないことが明確になっていますか?

--------------------------------------------------------
■ブログ更新中
メルマガでは書けない情報はこちら
http://cst-zero.com/category/blog/

■人づくり・組織づくり 相談会のご案内(in博多)
前回は名古屋で開催しましたが今回は博多で開催します。
通常1時間1.5万円の相談料を戴いていますが
メルマガ読者の方へ1,000円でご案内します。残り3枠です。
<日時>
・2015年1月15日(木)10:00〜12:00、15:00〜18:00
・2015年1月16日(金) ※終了
※上記の2日程の中でご希望のお時間をご連絡ください。
 御一人1時間が目安です。
 対象者は経営者、人事関連担当者、管理職以上の方を対象とします。
<場所>
グランドハイアット福岡 ラウンジにて
※info@cst-zero.com までご連絡ください。
 追ってご返信いたします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■