人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『○○すれば“業績”は上がる PART1』
日付:2015/01/23
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業の“育てる”を育てる〜人の力で経営を伸ばす〜■
『○○すれば“業績”は上がる PART1』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


今日のポイント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2次元の差別化から3次元の差別化へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「他社とは違うサービスを提供しないと生き残れない」

「他社とは違う製品を開発しないと生き残れない」

「他社とは違う顧客を開拓しないと生き残れない」


このように考えている経営者の方が多いのではないでしょうか?

どれも正解です。間違っていません。
私もそのように思います。

ただしこの考え方には、落とし穴があります。
それは…。



「何をするか」



という点ばかりに目が行っているということです。

つまり2次元で捉えて、A社が○ゾーンを狙いに行くなら、
B社は△ゾーンを狙いに行き、C社は×ゾーンを狙いに行くといった具合に。

同じ平面上で陣取り合戦をしながら、どこのフィールドで戦い、
他社と差別化するかを考えているわけです。


これが王道の差別化です。


でもこれだと不十分なんですね。
なぜなら1つ忘れていることがあるからです。


「何をするか」×「どのレベルでするか」=成果


つまり2次元の世界で戦うのではなく3次元の世界で戦っていると考える。
3次元で差別化を捉えなければなりません。。


やっていることは大差がないのに、やっているレベルが違いすぎて、
結果として大差がついているケースをよく目にするんです。

極端な話、他社のやり方を丸パクリしても、
より徹底したレベルでやれば、勝ててしまうことがあるわけです。


どのレベルでやるか、言い換えれば「徹底力」です。
徹底力の差で結果が変わってきてしまいます。


この徹底力は企業のDNAのようなもの。
あなたの会社に「徹底力」という武器が手に入れば、
大手資本の会社とわたり合うことも可能でしょう。


あなたの会社では、
・ルールが徹底されていますか?
・マニュアルが徹底されていますか?
・戦略や戦術が徹底されていますか?
・5Sが徹底されていますか?
・報連相が徹底されていますか?
・上司と部下でのコミュニケ−ションが徹底されていますか?
・理念や価値観が徹底されていますか?

挙げたらまだまだキリがないですね。

これらが「徹底」されて、今より業績が上がらない理由が見つかりません。


今日はここまでです。ありがとうございました。


※3月に上記テーマの公開セミナーをやりますので楽しみにしていてください。
 また後日ご案内します。

--------------------------------------------------------
■雑誌掲載記事
ビズテリア:http://cst-zero.com/bizteria.pdf
カンパニータンク:http://cst-zero.com/company_tank.pdf
経営者通信:http://k-tsushin.jp/interview/zero/

■ブログ更新中
http://cst-zero.com/category/blog/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■