人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『○○すれば“業績”は上がる PART3』
日付:2015/02/02
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業の“育てる”を育てる〜人の力で経営を伸ばす〜■
『○○すれば“業績”は上がる PART3』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

当たり前の徹底が業績向上につながります。
本日は第3回目です。

前回は、当たり前レベル=企業レベルというお話でした。


今日のポイント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
能力を高める=当たり前レベルを上げること
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当たり前のことが当たり前にできると、
当たり前のレベルが上がっていきます。


例えば一営業マンで考えてみましょう。

最初はとにかくお客様先の所へ訪問しヒアリングすることで
手一杯だったとします。

しかしこれが当たり前になると、次は訪問前に訪問企業を念入りに
調べてから訪問するようになります。

さらにこれが当たり前になると、訪問企業が喜びそうな他社情報を調べて
情報提供をするようになったりします。

最初は意識をして実践しますが、実践を繰り返していくうちに習慣になります。

習慣化されたものに心的負荷はかかりません。
ですから徐々に当たり前のレベルが上がっていくのです。


5Sに関しても同様です。
最初は不清潔だったトイレの清掃から実践する。

それが習慣化されると換気扇や壁の埃などにも目が行くようになる。
そしてやがて備え付けの備品などにも目が行くようになる。

こんな風に実践が習慣化されると、視野がどんどん広がったり、
細かい所まで見れるようになったりします。


良き習慣を一つずつ積み上げていったビジネスパーソンは
例外なく高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。


能力を高めるとは、何かをインプットすることではない。
インプットは能力が高まったと錯覚を起こしているだけです。

能力を高めるとは、良き行動を一つずつ習慣化していくことです。

一瞬で習慣化されることはありません。
しかし期間をかけて身につけたものは、簡単には失われることはありません。

「能力を高める」という定義を捉え直してみましょう。

--------------------------------------------------------
■雑誌掲載記事
産経新聞 http://cst-zero.com/sankei.pdf
ビズテリア http://cst-zero.com/bizteria.pdf
カンパニータンク http://cst-zero.com/company_tank.pdf
経営者通信 http://k-tsushin.jp/interview/zero/

■ブログ更新中
http://cst-zero.com/category/blog/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■