人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『○○がない人は部長になれない! Part2』
日付:2014/07/16
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

おはようございます。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
 いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

前回のテーマからの続きです。
どんな人が部長になれるのか?部長になれる人の適性を考えてみました。

1つ目が「自分の言葉を持っている人。自分の言葉で伝えられる人」でした。
これができていると、部長と一緒に働いた部下から様々なエピソードが語られます。

「○○部長からあの時△△と言われた。あの一言は忘れられない」
といったコメントです。何年経っても鮮明に本人は覚えている。
それは部長が自分の言葉を持っていたから。自分の言葉で伝えたからだと思いませんか。


さて2つ目の適性です。それは…。





「社長を見て仕事をしない人」





こんなことを言うと、多くの経営者の方から
反発にあいそうですが了承ください。


活躍できる部長は、例外なく尖っています。個性的だとも言われます。
社長の立場や気持ちはもちろん尊重します。
でもあえて空気を読まず、譲らない所は頑なに譲りません。

なぜそのようなことができるか。
社長ではなく「お客様」を第一に見ているからです。
社長ではなく「理念」を第一に考えているからです。

「お客様」「理念」から見て、自分なりのベストな判断を持つ。
社長からどう思われるかなんて関係ない、とある意味開き直っているのです。

当然社長と意見が相違することはあります。
議論に議論を重ね、最終的に社長の意見よりの結論が出たとします。
しかしより洗練された回答が出ることになるでしょう。

経営者は神様ではない。経営者だって人間。
経営者だって判断を間違えることもある。
すんなり首と縦に振ってくれる部長なら
そばに置いて心地よいですが、かえって不安にもさせているのです。

尖った面倒くさい部長のことを
社長はニヤッと笑い、きまってこう言います。

「あいつはクソ生意気だ」

でも後ろにこんな言葉が隠れているのです。

「あいつはクソ生意気だ。だから信頼できる」

「成果<社長」「お客様<社長」「理念<社長」
という優先順位になっている部長を見ると残念でなりません。
それを社長も望んでいないからです。

社長の評価を気にして仕事をしている人ほど、
社長から評価されていないという現実があります。

「成果>社長」「お客様>社長」「理念>社長」
という優先順位を間違ってはいけない。
この軸がブレない人が部長に適任だと思います。


3つ目の適性は、また次回のメルマガにて!


---------------------------------------------------------
■無料測定できます!

あなたの会社は人が育つ会社ですか?それとも育ちにくい会社ですか?
あなたの会社の「育てる力」を測定してみてください。

人材育成力診断
http://cst-zero.com/checker/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■