人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『新入社員に伝えたい3つの警告』
日付:2015/04/10
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『新入社員に伝えたい3つの警告』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


4月は新入社員研修のご依頼を多々いただいています。

本日は新入社員の皆さんへ、私が研修の中で伝えていることを
共有させて頂きます。


私は、彼・彼女らへ近い将来起こるであろう3つの警告をしています。

なぜならば、あらかじめ知っておいた方が対処できると信じているからです。


1.ビジネスマナー研修で学んだことは上司・先輩たちはやっていない

「挨拶、表情、態度、身だしなみ、言葉遣い」などは、
新入社員研修で必ずといっていいほど触れる内容ですね。
ビジネスマンにとっては、基本中の基本の内容です。

でもこれらを先輩・上司は完璧に実践しているかどうか?

答えは「NO!」です。

研修で教わるように「丁寧に」やっていない人は多いし、
研修で学んだビジネスマナーとは真逆のことをする人もいます。

ですから
「先輩・上司が今回学んだことを実践していなくてもショックを受けないように。
 例えやっていなくても、皆さんには基本に忠実であってほしい」
と伝えています。


2.慣れた頃に大きなトラブル・ミスを起こす

最初の頃は、ビクビクしながら緊張感を持って仕事に当たるので、
そこまで大きなトラブルやミスは起こしません。

大きなトラブルやミスは、慣れた頃に発生しやすいのです。
自動車の運転と同じですね。

若葉マークがついている頃は、慎重に運転して事故は起こしにくい。
若葉マークが外れた頃に、最も事故を起こしやすくなります。

ですから、
「仕事に慣れてきた頃が最も危険である」
と伝えています。


3.成長曲線は階段状

約15年前の事です。
ある役員の方が私にこうアドバイスしてくれました。

「人の成長曲線は階段状。絶えず右肩上がりで成長するわけではない」

この言葉の意味する所は後々、分かりました。

スポーツには「スランプ」という言葉があります。
仕事においてもそのような時期が起きるのです。

つまり仕事をやれどやれど、成長がなかなか見られない・感じられない時期があるのです。

しかしその時期を耐え忍んで継続すれば、ある時「コツ」を掴み、一気に成長を遂げるのです。
多くの場合、この成長するターニングポイントの手前で挫折し止めてしまいます。

成長をしている手応えを感じないと誰でも不安になります。
しかし成長は階段状であり、必ず停滞する時期がある知っておくと心が楽になります。


上記のような3つの警告をしています。


希望に満ちている新入社員へ、近い将来起こりうる「現実」を知らせておくことも
優しさなのではないかと思います。

--------------------------------------------------------
■公開型セミナー

セミナー名:
〜毎日唱和をしても理念が浸透しないと悩んでいる経営者へ〜
 脳科学・感情心理学を活用した“新”理念浸透法とは?

日時:5月20日(水)19:00〜20:45 (※受付18:45〜)

詳細はこちら→https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■