人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『理念浸透が業績に繋がらない3つの理由 その2』
日付:2015/04/28
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『理念浸透が業績に繋がらない3つの理由 その2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


前回、理念浸透が業績に繋がらない理由の1つ目をお届けしました。
理念そのものが間違っている、というケースでした。

今回は2つ目をお届けします。


・・・・・・・・・・・・
凡事徹底×理念浸透
・・・・・・・・・・・・


理念浸透の土台となる凡事徹底ができていないと
数値には繋がりません。

凡事徹底とは、当たり前のことを当たり前にできる風土を
作り上げること。

厳密にいえば凡事徹底も理念浸透の一貫なんですが、
分かりやすく分けて考えます。


凡事徹底によって「基本的価値」を作り出す。
理念浸透によって「特別価値」を作り出す。


基本的価値とは、サービス業として
最低限お客様へ提供しなければならない価値のこと。

飲食店であれば、「料理がおいしい」「待たされない」
「言葉遣いが丁寧」「接客が明るい」「店内がきれい」など。

基本的価値を提供することにより、
お客様へ「安心」を提供することができます。


一方特別価値とは、サービス業として
あなただけのために提供する価値のこと。

飲食店であれば、「メニューにない料理を出すこと」
「お名前を覚えること」「記念日に特別なお祝いをすること」など。


このように大きく分ければ、基本的価値と特別価値に分けられます。
この2つを提供できている時、持続的にお客様から支持を得ることができます。

東京ディズニーリゾートが良い例ですね。
基本的価値も特別価値も提供できている模範となる企業の施設の1つでしょう。


私がとある飲食店に入った時のことです。
訪れた月が誕生日月ということもあり、
最後に小さなデザートをサプライズで出していただけました。

この行為は嬉しかったのですが、内心
「もう少し料理を待たせないで出してほしいな」
「こちらが何度も呼ばなくてもドリンクのお代わりに気づいてほしいな」
「トイレを綺麗にしてほしいな」
といったことを思っていました。

これは「特別価値」を試みていますが、
「基本的価値」が満たされない状態です。

お客様が心的にこのような状態だったならば、
再来店に繋がることは難しいですよね。


多くの場合、理念浸透をすると顧客に「感動」を与える行動が生まれます。
でもそれは凡事徹底により、「安心」が提供できていることで
初めて価値があるのです。


基本的価値と特別価値。
自社の実践度を振り返ってみてください。

次回メルマガは3つめの理由について触れます。

--------------------------------------------------------
<公開型セミナー>

■セミナー名:
〜毎日唱和をしても理念が浸透しないと悩んでいる経営者へ〜
 脳科学・感情心理学を活用した“新”理念浸透法とは?

日時:5月20日(水)19:00〜20:45 (※受付18:45〜)
主催:株式会社コンサルティングZERO
詳細はこちら→https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0


■セミナー名:
〜会社設立10年未満 スタッフ3名以上の経営者へ〜
 10年後も生き残るための理念(クレド)の作り方

日時:2015年5月19日(火)19:00〜20:45
主催:株式会社ナレッジソサエティ
詳細はこちら→https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■