人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『成果に繋がる努力、成果に繋がらない努力』
日付:2015/05/12
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『成果に繋がる努力、成果に繋がらない努力』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


同じ会社に、同じタイミングで入社したのにも関わらず、
成果を出せる人と成果を出せない人が存在します。

成果を出せない人に
「どうしたら成果を出せますか?」と聞くと、
「もっと努力しなければなりません」と答える方が多いです。

そして成果を出している方に、
「そこまで成果を出されるには、
 多大なる努力をされているんでしょうね」

とお伝えすると、
「努力ですか?」と不思議そうな表情をされます。


努力の捉え方が違うことに気づかされるんです。


成果につながる努力とは?
三段階で考えてみましょう。


1.努力の量が圧倒的に少ない

もちろん効率の良いやり方は存在します。
しかし努力の量が圧倒的に少ないと、成果は当然ながら出ません。

数々のことを試し、数々の失敗をしていく中で、
ポイントを感覚的に掴んでいく。

ある程度の努力(または行動量)がなければ、
ポイントに気づかないし、気づいても使いこなせません。

ノウハウをたくさん知っていても結果を出せない人は
このパターンですね。

一定の努力量は必要だと思います。


2.努力の方向性が間違っている

たくさんの時間をかけているし、行動量はあるのに結果がついてこない。
それは努力の方向性が間違っていると言えるでしょう。

元吉本の島田紳助さんが以前、努力の方向性について語っていました。
要約すると下記の通りです。

「バッティングが上手くなるには、バットの芯でボールを当てる努力を
 しなければならない。でも筋トレをして腕を太くするという間違った
 努力をしている人がいる」

努力はしているけれど、努力の方向性が45度くらいずれている。

「部下に間違った努力をさせるな。部下が不幸だ!」
と私の元上司はよく言われていました。

時間は有限ですし、限られています。
その時間を間違った努力に使われているなら、起動修正をしてあげる。
これは上司の役割の1つです。

「努力している=頑張っている」と当人は当然思います。
頑張っているのに成果が出ない。
頑張っているのに評価されない。
それが続けば、本人は腐ってしまうでしょう。


3.“頑張っている感”満載の努力

不思議なことに成果を出し続けている人は、
「努力」という言葉にピンときません。

なぜなら「努力をしている感覚」がないからです。

だから「すごく努力されていますね」と言うと、
しっくりこない表情をされる方が多いです。

周囲から見たら努力と思われていることを、
本人は「大好き」でやっている。一種のフロー状態です。

「好き」で没頭してやっているわけですから、
「努力」という感覚がないのだと思います。

つまり「頑張っている感」がない状態。
この状態でしたら、苦痛なく持続的に努力ができますよね。


成果を出すためには「努力」は必要です。

1.最低限の努力をしているか?
2.努力の方向性を間違っていないか?
3.“頑張っている感”のない努力か?

自分の「努力」をチェックしてみてください。

--------------------------------------------------------
<公開型セミナー>

■セミナー名:
〜毎日唱和をしても理念が浸透しないと悩んでいる経営者へ〜
 脳科学・感情心理学を活用した“新”理念浸透法とは?
日時:5月20日(水)19:00〜20:45 (※受付18:45〜)
主催:株式会社コンサルティングZERO
詳細はこちら→https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0


■セミナー名:
〜会社設立10年未満 スタッフ3名以上の経営者へ〜
 10年後も生き残るための理念(クレド)の作り方
日時:2015年5月19日(火)19:00〜20:45
主催:株式会社ナレッジソサエティ イベントルーム
詳細はこちら→https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0


<無料メールセミナー>
7日間に渡って、社員が自ら理念を実践するための
7つのポイントをお届けします。
https://mmct.jcity.com/?ct=68F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■