人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『誕生日はお祝いされる日ではありません!』
日付:2015/06/18
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『誕生日はお祝いされる日ではありません!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

先日、ある経営者の方から質問されました。

「“親孝行”をクレドに入れてもいいのでしょうか?」

「なぜそのような質問をされたのですか?」

「クレドって、会社のミッションやビジョンを達成するために
 一人一人が行動する指針ですよね。
 親孝行ができない人は他人に親切にすることも感謝することも
 できないというのが持論です。
 でもこれって、プライベートまで強制しているようで、
 はたして明文化していいものかどうか、迷います」


皆さんならどのように考えるでしょうか?


私はむしろ「親孝行」を推奨します。
「親孝行」によって「人格」も磨かれていくでしょう。

それが言い過ぎでしたら、「心の畑」を耕すことができます。
「心の畑」が肥沃な土地でなければどんな種を撒いてもムダ。
実ることはありません。

「親孝行」をするうちに、心が優しくなっていくリーダーを
私もたくさん見ていきました。
親孝行はそこらの研修より、はるかに意義深いです。

親孝行をするということは、固く乾いた土地を
耕すことに似ているように思うのです。

「人格形成」なしで理念が浸透することはありません。
理念が浸透する風土作りに向けて、
「人格形成」へのアプローチはむしろ推奨するべきなんです。


F社の人事部長さんがこんな話をしてくれました。

「誕生日って普通は皆からお祝いされる日ですよね?
 それは若い頃で終わりにしよう!
 社会人になったら、誕生日にはむしろ親へ
 心から感謝する日にしよう!って教えています。
 あなたが生まれるために最も苦しんだのは親ですから。
 誕生日には親孝行する。それが私の会社のクレドです」


確かにその通りだなと思いました。

確かにいい歳して、自分の誕生日をお祝いされることを
期待しているようではレベルが低いですね。

誕生日とは1年で最も親へ感謝する日なのでしょう。

--------------------------------------------------------
<無料メールセミナー>
〜85%の経営者が知らない〜“新”理念浸透法
内容:7日間に渡って、社員が自ら理念を実践するための
   7つのポイントをメルマガにてお届けします。
https://mmct.jcity.com/?ct=68F27540F17F0F0

<公開セミナー@>
人と理念で経営を伸ばす
『〜愛と感動の美容室BAGZYを徹底解剖〜 理念浸透と人財育成の極意』
《2部構成》
○BAGZY 久保華図八氏講演
『〜BAGZYマジックを大公開〜 理念経営・感動経営の秘訣』
○松本和義講演
『〜BAGZYを徹底解剖〜理念浸透と人材育成の極意』
日時:2015年7月7日(火)
   14:00(開場13:30)〜17:30
場所:フクラシア品川クリスタルスクエア
https://mmct.jcity.com/?ct=85F27540F17F0F0

<公開セミナーA>
〜毎日唱和をしても理念が浸透しないと悩んでいる経営者へ〜
  脳科学・感情心理学を活用した“新”理念浸透法とは?
日 時:2015年8月4日(火)19:00〜20:45
会 場:WizBizセミナールーム
   (東京都港区芝5丁目16番7号 芝ビル3F)
https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■