人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『部下が報連相をしない理由 その3』
日付:2015/07/10
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『部下が報連相をしない理由 その3』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

報連相ができなければ理念は浸透しません。
報連相ができていない原因の50%は上司側にあるという
お話を前回までしてきました。


今回は3回目です。


上司としてはもっと部下から自発的に相談してほしい。
でも部下から相談が来ない。
その結果、納期ギリギリで慌てることが日常茶飯事。

これを繰り返している限り、仕事の質は上がっていきませんね。


ではなぜ部下から相談しないのでしょうか?

だいたい3つくらいの理由が挙げられます。


1.「そんなこともできない?」と思われたくない

相談するということは、自分の弱みを見せるようなもの。
相談することで、「お前はこんなことも分かっていなかったのか?」
と思われたくない。

上司が持っているイメージをこれ以上下げたくない!
という心理的要因があります。

自分の見られ方を常に気にするタイプの部下に多い傾向です。


2.相談すると仕事が増える

相談した方がいいのは分かっていますが、ギリギリまであえて相談しない。
というのは、相談するとあれこれ怒涛のアドバイスをされます。
そのアドバイスは半ば命令。やらない以外に選択肢はない。

相談に行くたびに、やる仕事が増えてしまうと認識しています。
仕事の質を上げるのは責務ですが、
仕事を複数抱えている状態で、あれこれアドバイスされるのは
正直、面倒くさいと思う部下がいます。

100%にこだわらなくても、そこそこの合格ラインで
仕事を完了させておきたい。

頭脳派の上司にはこういった理由で相談をためらうようです。



3.相談する「価値」がない

相談をするということは、何かしらのリターンを求めています。
しかし相談しても、回答がない。
さらには「俺にもわからない。とにかく頑張ろう!」と精神論で
なだめられても部下は納得しません。

相談に対して明確な答えを出す。
今この瞬間に出せないなら、期限を決めて出す。

上位職になれば、複数の部署を管轄します。
自分の専門外のことを相談されることもあるでしょう。

その時に「俺に聞かれても分からないや」と放棄してしまったら、
次から相談に来なくなってしまうでしょう。

つまり相談は部下から「試されている」んですね。

自分で答えられないなら、答えられそうな資源(人・情報)を提供する。
必ず、「この人に相談すると何かしらメリットがある」と
思わせないといけません。


部下が相談に来ないのは、相談する価値がないから。

上司の方はそのように自分に指をさして、改善してみてください。

次回は第四段をお届けします。

--------------------------------------------------------
<無料メールセミナー>
〜85%の経営者が知らない〜“新”理念浸透法
内容:7日間に渡って、社員が自ら理念を実践するための
   7つのポイントをメルマガにてお届けします。
https://mmct.jcity.com/?ct=68F27540F17F0F0

<公開セミナー➀>
〜毎日唱和をしても理念が浸透しないと悩んでいる経営者へ〜
  脳科学・感情心理学を活用した“新”理念浸透法とは?
日 時:2015年8月4日(火)19:00〜20:45
会 場:WizBizセミナールーム
   (東京都港区芝5丁目16番7号 芝ビル3F)
https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■