人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『マネジメントでは“すごい”会社になれない』
日付:2015/07/31
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『マネジメントでは“すごい”会社になれない』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


A:「管理職に求められることは何ですか?」

B:「マネジメントです」

A:「経営者に必要なスキルは何ですか?」

B:「マネジメントです」


問題の原因は「マネジメント」ができていないから。
そして解決策は「マネジメント」をすること。

「マネジメント」の定義はここでは議論しません。

「マネジメント」が部門・会社を伸ばすと信じている。
私もその考え方へ同感します。


しかし近頃、会社規模は小さくても、
“すごい”会社、“面白い”会社と出会うことが多いんです。

こういった会社は、中小零細企業だから
それができると思っていましたが、
そうではないことに気づきました。

カンブリア宮殿の中で
豊田章夫氏と村上龍氏とのやりとりです。
(※超訳します)

「トヨタは世界的な企業になったのに、豊田社長は
 いまだに自分で車を運転する。リリースする前に自ら試乗している。
 工場へも視察に行く。ドライバーとしてレースへも参加する。
 “FUN TO DRIVE”とスローガンを自ら実践されている。
 なかなかこういった社長はいない」

「私はトヨタが好きなんです。そして車が好きなんです。
 車に乗ることが好きなんです」

「トヨタが苦境を乗り越え今日まで発展したのは、
 マネジメントが上手いとかではないですね…」

飾らず「好き」と言えてしまう豊田社長の姿に感銘を受けました。
トヨタと中小零細企業の“すごい”会社の共通点が見えてきました。

それは経営者が自社と自社の製品・サービスの
一番の“FUN”であること。

自社が好きで、自社が提供している製品が好きで、サービスが好き。
「好き」から生み出すエネルギーってすごいですよね。

会社・部署が発展していくためには、
「マネジメント」の上手さは必要なんですが、
それだと“すごい”“面白い”の領域まではたどり着けない。
“Better”はできても。

経営者と経営幹部が自社と自社の製品・サービスを誰よりも愛して、
誰よりも好きで、その価値を信じて疑わない。

それが「卓越性」に繋がるのだと思います。

皆さんは自社、自社の製品・サービスが「好き」ですか?
ファンですか?

--------------------------------------------------------
<無料メールセミナー>
〜85%の経営者が知らない〜“新”理念浸透法
内容:7日間に渡って、社員が自ら理念を実践するための
   7つのポイントをメルマガにてお届けします。
https://mmct.jcity.com/?ct=68F27540F17F0F0

<公開セミナー>
〜毎日唱和をしても理念が浸透しないと悩んでいる経営者へ〜
  脳科学・感情心理学を活用した“新”理念浸透法とは?
日 時:2015年8月4日(火)19:00〜20:45
会 場:WizBizセミナールーム
   (東京都港区芝5丁目16番7号 芝ビル3F)
https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■