和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:エセポジティブに要注意
日付:2016/05/04
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
⇒ http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

■こんにちは、和田裕美です。
GWの真っ最中ということで、
みなさん
「お出かけですか〜〜」
(レレレおじさん風に)

わたし?
基本は、この連休空けに
原稿の脱稿(締め切り)があるので
まずはそれに集中しています。
そもそも、去年のGWも
同じだった気がします。

今、書いているのは
半分フィクション、
半分は経験という流れの物語…
つまりこれは小説という
ジャンルなのですが……。
この話は、けっこう
赤裸々なシーンを入れているので
出版にあたっては
けっこう度胸が必要です。

そういう意味では、
この原稿を書き進めるにあたって
「誰かにどう思われても、
 私は私でいいのだ」
と思える勇気を積み重ねる作業を
しているような感じです。

根っこは気が小さい私は
今、だいじょうぶ、だいじょうぶと
自分に言い聞かせながら、
書いているんです。あはは。

■ もちろん!他にも、
「お金」がテーマの本
「売れるチーム」がテーマの本
あとは、ちょっと異色のものも
いろいろと本は同時進行で進んでいます。
去年1冊とさぼったぶん、
押せ押せで進んでいます。

もうちょっとで
いろいろなものが
揃って誕生しますので
楽しみにしていてください。

■ さて、先日、知人と話していて
あれ、この人「ポジティブ」だけど
なんか違うなあ…と
思ったことがあるんです。

知人のAさん(30代前半)は
自尊心も高く、前向きで
まったくネガティブの発言も
ない人なんです。
そして今、転職活動中なんですよね

で、そのAさんには
とにかく狙っている会社があって
その面接試験にいったわけです。
もう受かる気満々で。
 
しかし、ダメだったらしいです

その後たまたま、会う機会があって
その結果を聞くとき
彼は明るい顔でこう行ったのです。

■ 「まあ、面接官がもう
ぜんぜんダメで見る目がなかったんだと
思うんですよね〜」

なんか、負け惜しみのようなこの言葉。
私はちょっとひっかかって
 
「そうなんだ。でもさ、
 ダメだったことに対して
 なにか原因は自分にないの?」
と聞いたのです。

そうしたら
Aさんは、ちょっとムッとして
「俺はちゃんと意見を言う
 タイプだからですよ。
 もっと従順で言いなりに
 なりそうなのがいいってこと。
 だから見る目ないって思うんですよ」
と言いました。

もう、めんどうになって
私も苦笑いをして
それ以上言わなかったのですが
正直、こういう人と話していると
「マイナスを生かすのが下手な人だな」
と思って残念な気持ちになります。

■ほんとうは、悔しいのだと思う。
だから意地をはって
こんなこと言うのかもしれない。

でも、こんなふうに
ぜんぶ、相手のせいにしたままで
明るく切り替えても、
なんの成長もしてないですよね?

陽転思考は「マイナス」(失敗や挫折)
を生かす方法なのですが
この場合、Aさんは
どう考えたほうが、
成長できたと思いますか?

==========
今日の気づきPOINT
「失敗をそのままにしないこと」
==========

いくら「よかった」見つけても
失敗を見つめることなく
「次いこ、次!」と、
臭いものに蓋をするように
プラスにもっていこうとする行動を
私は「学びのないエセポジティブ」
だと思っています。

やっぱり、失敗を見つめないとダメ。

もちろん
失敗したり挫折をしたときに
「なんでダメだったんだろう」
という原因を追求することって
ちょっとネガティブなイメージが
あるかもしれません。

それに、
悪いところばかりを探して
「ああ、なんて自分ってダメなんだろう」
と、よけいに傷着くかも
しれないですよね

けれど、人は
その「失敗」から
なにかを学ばないままでは
次のステップに行けないんです。
さらに言うと
人は「失敗」でしか成長できない。

■ほんとうに
「相手の見る目がなかった」
のかもしれないけれど、
「相手に見る目がなかった」
と言ってしまえば
自分には否はなく
次回も同じ態度で
面接にいってしまうわけです。
自分の改善が見えないんです。

でも、
今すぐにできることは
自分自身が
「どんな人が相手でも
 好感を持ってもらうには
 どうすればいいのか?」
と考えたり

「人を見る目がない人にも
 選ばれるコツはないのか?」
と考えたりすることなのです。

■失敗にはたくさんの
メッセージがあって
今度はどうしたらいいか?と
考える機会と、知恵を授かる
チャンスなのです。

エセポジティブになってしまうと
この大切な機会を棒にふってしまい
いつまでも
心が骨太にならないのです。

だから、私たちは
もし、失敗したり、挫折をしたら
「こういうことがわかってよかった」
と探して学ぶことが大事なのです。

それが、陽転思考なのです。

と、このようなこと
もっと詳しくツアーでお伝えします。
東京と大阪は
もうすぐ満席なので
お早めに!!

http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

       和田裕美

======
 編集後記
======

みなさん、こんにちは。
スタッフの上坂です。

みなさんはどのような
ゴールデンウィークを
おすごしでしょうか?

昨日は東京もすごい強風で
雨も降りましたが
今日からまた気持ちのよい
お天気で行楽日和ですね。

実は私すごい雨女で、
公私にかかわらず
だいたい大事なときや
楽しみがあるときには
雨予報なんですね。

和田が超のつく晴れ女なおかげで
仕事では間一髪免れることも
おおいのですが、
プライベートでは和田の力を
借りることもできず(笑)
よく遊ぶ友達には
前日になって
「お願い、来ないで」
と冗談か本気か
言われることもあります。
(もちろんそれでも行きます笑)

いままでは、
自分の引きの悪さにがっかりしたり
友達に言われる冗談にも
ちょびっとショックをうけたり
全くしていなかったというと
嘘になりますが、最近、
すごい陽転を思いついたおかげで
それ以来、雨になるたび嬉しくて
むしろ幸せに思えるようになりました。

私が考えた雨女陽転とは…
「あまりに楽しそうな私に
 神様が嫉妬しているのだ!
 それくらい今日が
 充実してるってことだな〜
 よかったよかった!」
というものです。

もし、自他共に認める
雨女さん、雨男さんが
いらっしゃいましたら、
ぜひこの陽転使ってみてください。
神様が妬くくらい自分は
楽しめているんだなということが
幸せに感じるようになります!

というわけで、
陽転思考の話を何回も聞いていると、
こんなハッピーな発想まで
一人でできるようになりますので、
ぜひ初めてのかたも
わくわく陽転体験ツアーに
参加してみてくださいね。

http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

スタッフ上坂


それでは、また次回のワダビジョンで!

===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>