和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:その過去を経験した、あなたでよかった。
日付:2016/05/17
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
⇒ http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは、和田裕美です。

■先週、京都光華女子大学で
客員教授としてデビューしました!

正直なことを言うと
私のこの母校は、東京では
ほとんど知っている人もいないし
自分も、この母校は滑り止めで
浪人する余裕がなくて、
この大学に通ったわけで、
東京に来てからは
慶応とか早稲田とか、
ときどき東大とかの
友人たちに囲まれてしまい、
実のところ…学歴コンプレックスを
抱いてないわけじゃなかった。
(ごめんなさい!!)

■今では、私が通っていた
英米文学科はなくなっているので
校舎も雰囲気も
ずいぶん変わってしまったけれど、
行ってみたら
昔からそこに流れる
変わらないアットホームな雰囲気とか
そこで働く人たちの愛情に飲み込まれて
私ごときの人間を
教授として迎えてくれる
この大学の懐の大きさに
感謝が溢れてきたんです。

そして、
「そうそう、私はここに通ったから
 今の私になれたんだ!」
と泣きそうになりました。

(肝心の授業は
 とにかく自由だったので
 キャリアについての話と
 定番の「陽転思考」の話を
 したわけですが
 けっこう、真剣に
 聞いてもらえました。ほっ…)

■それにしても、
よく「夢を持つ」とか
「目標を持て」とか
言われるわけですが
(自分もときどき言っている…)

私が学生のときは
まさか将来、自分が
本を書いているとかなんて
想像も(一ミリも)してなかった。
もちろん、営業やるとかもすべて
夢でも目標でもなく
「流れ」であって
想定外どころか、想定さえなかった。
そんな、夢も目標もなかった私が、
今は好きな仕事を得て、母校に戻って
教授として話をしているという事実に
改めてびっくりです。

でも、結果的に
好きな仕事をしているんですよね。
流れ流れて、
辿りついた島で生きるしかなくて
そこで生きるために
足下の土地をせっせと耕していたら、
緑が増えていって、
実がなるようになったってこと。

だから私思うんです。

やっぱり、ひたむきにやっていたら
人生はそれなりに
開けていくんだなって。

先に夢を追いかける人生もあれば
後から、「夢」が自分を
追いかけてくる人生も
あるんだなって。

私は後者のパターン。
とにかく、必死で
ただただオールを漕いだ人生。
今、これでよかったと肯定しています。

==========
今日の気付きPOINT
「人生を肯定する」
==========

■毎年、毎年「陽転思考」の話は
バージョンアップしているのですが
最近はとくに、「過去肯定」の話を
するようにしています。

人は、どんなに辛い過去があっても
今を生きていかないと
いけないですよね。
それが辛すぎて、
人生を断ってしまう人もいるけれど、
大半の人は
過去を抱えて生きているのです。

その「過去」を
「あれは封印したい恥だ」とか
「憎しみと恨みしか残ってない」とか
「今の自分が幸せじゃない原因」とかだと
もし、思い込んで、
そういう設定をしてしまっていたら

この人は、絶対に
幸福にはなれないんですよね。
だって、
「今の自分を作ったのは
 その『過去』があった」
からなんですよ。

それを否定したら
今の自分を
否定していることになってしまう。

■どんな学歴であっても
どんな失敗であっても
どんな悔しさであっても
どんな未練であっても
どんな裏切りであっても
どんな挫折であっても

今の「私」は
その「過去」があったから
形成されているのです。

つまりは
その「過去」を学びととらえて
感謝できれば
今の自分が輝き、
もっともっと魅力的になれて
相手に伝わる言葉を使えて
成長できるのです。

だから私は、辛い過去を
背負っている人に言うのです

「その過去を経験した
 あなたでよかった」と。

■陽転思考は、本当に
日々、深く深くなっていっています。

そしてそれを伝えるために
なんか生きている感じもします。

陽転ツアーをやるのは
けっこう大変で、正直に言うと
自分の今の忙しさからは、
わざわざ全国回る必要はないんです。

でも、
ほんとうに、ほんとうに
直に会って、
話を聞いてもらえたらと願う、
それだけなんです。

文字では伝わらないことが
多すぎるのです。

ではね〜。


         和田裕美



【追伸!】

東京、大阪はもう満席
神戸もそろそろ満席になりそうです。
http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

今から申込する方は
たとえば、伊勢とか金沢とか
お願いします。(遠いだろうけど…)
いや〜それ、感謝はんぱないわあ〜。

そ、それに!
伊勢は、私は翌日に
伊勢神宮に参拝する予定なのですが
伊勢神宮でばったり!なんて
運気あがりまくりですよ!ほほほ〜。
http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

(と、いう驕ったことを
 あえて書く。じょ、冗談です…
 すみません。)


======
 編集後記
======

みなさん、こんにちは。
スタッフの上坂です。

いよいよツアー第1弾の
神戸まで1ヶ月を切りました!!

神戸は私の地元です。
だからそれがスタートって
なんかすごく嬉しくて
余計にわくわくするんです。

先日、友人の結婚式で
弾丸で帰省してきたのですが
住んでいた頃は
三宮だってめちゃくちゃ都会で
どや!!って思ってたんですが
やっぱり東京から帰ると
人も割合すくないし、
空気はきれいで美味しいし
建物で空が遮られるなんてことも
ほとんどない。

新しいショッピング施設や
建て替わったビルや
待ち合わせの聖地、
「パイ山」の消失など…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160514-00000104-san-soci

離れている時間が経過するほど
地元が知らない街になっていくのは
ちょっとさみしくもあり、
新たな魅力に気づく楽しみでも
あるのでした。

今回のツアーに、
みなさんの「思い出の土地」や
「見知らぬ土地」はありますか?

すでに最寄りの会場で
お申し込みされた方も、
日本の魅力、新たに発見!
ということで、ぜひ他地域でも
「あそこどんなだっけ?誰と行ったっけ?」
「知ってるようで、案外知らないかも…」
なんて頭をよぎることがあれば…
それはもうその土地に呼ばれている
ってことかもしれません。

思い出に再会しに、
新しい発見をしに、
わざわざ出かけてみるのは
いかがでしょうか?

観光ついでに
楽しく参加していただけるようにと、
陽転ツアーはお手頃価格で
(しかもサイン本付き!)
ご提供させていただいてます。
http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

地元の神戸に、
いらっしゃるみなさんが
どんな方々か楽しみにしています!
今日のメルマガをお読みになったかた、
ぜひぜひ盛り上げてくださいね〜!!
(地元でアウェイ空気のスタートだと
 私のガラスのハートは
 博多まで持ちません…笑)

では、また来週のワダビジョンで!


===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>