和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:あなたがいたから、私になれた。
日付:2016/06/14
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
⇒ http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは、和田裕美です。

■先週の土曜日から、
わくわく陽転体験陽転ツアーが
神戸を皮切りにスタートしました!

私も楽しめました!!
ご参加の方、ほんとうに
ありがとうございました!

引き続き、大阪、伊勢…と続きますので
お待ちしております

それから…前にメルマガで
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=1116
金沢の集客が閑古鳥が…と
泣き言を言いましたが
やさしいみなさんのご協力で
どんどん伸びています。
満席もうすぐになりそう!!
いや〜すごい。
なんかほんとうに、
ありがとうございます。

■しかし…そんな勢いのある金沢に
あっというまに抜かれたのが
伊勢ですね。
実は、お申し込みされている方、
ほとんど地元の方じゃないそうです。
(スタッフ談)
この事実、なんか
「伊勢にお参りついでに
 陽転ツアー参加」臭がします。(笑)

…ついでに、和田裕美。

という、私もそうなんですけどね。
(当日泊って、翌日
 伊勢神宮へ参拝する予定です。)
 
■ところで、みなさん、
陽転思考をなんか、かっこいい
「アドラー心理学」みたいな
言い方できないかなと
思っているのですが
ずっと前に思いついたのが
「ハッピーターン」だったんですよね。
いや、ハッピーターン食べてるときに
これはもしや
「陽転」という意味じゃないか!と
世紀の大発見をしたんです。

でも、「ハッピーターン思考」
とか言っても、なんか、
せんべいばりばり食べてるイメージしか
生まれないので、
(それに商標登録されているし)
使用はあきらめたんですけどね(笑)

そこで
「ワダラー心理学」って
どうでしょうか?

あ、すみません、冗談です。
では、仕事しましょう。

============
今日の気付きPOINT
「あなたがいたから、
    わたしになれた」
============

■陽転ツアーでは
やっぱり去年の私より今の私が
わずかではありますが
成長しているので
ちょっとずつ
進化しているわけなのです。

そのなかで、
あらたにお伝えしている概念が
「あなたがいたから、わたしになれた」
です。

■人っていろいろな経験をしますよね。
とくに対人において。
目の前の人に、いじわるされたり
辛い言葉を言われたり
いや、もっとひどいことを
されたりすれば、
その相手は本来ならば
「憎むべき相手」となります。

だから、本来は
「あなたのおかげで」なんていう
気持ちになれっこないはずです。

けれど、人は
「辛い」と思ったことで
成長することができます。
人の気持がわかるようになります。
虐待を受けた人は
虐待を受けた人の気持ちが、
いじめにあった人は
いじめを受けた人の気持ちが
わかるようになるのです。
これはひとつの、
その人に身に付いた「付加価値」です。

経験したくないことだったけれど
経験したからこそ、
付加価値がついたのです。

ずっと恨んだままでいると
ずっと自分が被害者のままなので
付加価値にならないんです。
経験を生かせないんです。

■和田式の陽転思考は
「マイナス」を生かすという
考え方が真ん中にあります。

それはいわゆる、
あたかもマイナスだった
経験のなかにも、なにか
「よかった」がないかを探すことで
それを自分の付加価値として
誰かの役にたてる人に
なっていくということです。

ちょっと究極なので
すぐにできない人も
いるかもしれません。

でも、これ、陽転思考では
いいことも、わるいことも
すべて自分の経験であって
成長材料ととらえることから
生まれた発想なのです。

今のあなたの心が強いのも
今のあなたが人の気持ちがわかるのも
今のあなたがやさしいのも
その「辛さ」を学ばせてくれた
相手がいたからこそなのです。

だから、
「あなたがいたから、わたしになれた」
100%できなくていいです。
ただ、こういう考え方になると
だいだいの苦しみから
解放されるんです。

と、いうようなことを
ツアーでまた、盛りだくさん
いろいろとお話しますので
次回は7月9日の大阪会場で
お待ちしております。

ではね。


         和田裕美

======
 編集後記
======

みなさん、こんにちは!
スタッフの上坂です。

先週、私が
陽転思考マスターコースCDで
自らを実験台にする
お話しをしましたが、
まだ効果を発揮できるチャンスが
訪れていませんので
今日は別のお話しを…。

■先週土曜日は、たくさんの方に
わくわく陽転体験ツアー2016
神戸会場にお越しいただき、
ほんとうにありがとうございました。
わざわざ東京から来られたかたや
ななな、なんと
北海道から参加くださった方まで…!
みなさんどんだけ行動力あるんですか!

地元神戸(しつこい)での
スタート、お天気も無事に晴れて
幸先の良いスタートをきることが
できました。

ツアー中は、せっかくなので
ワダビジョンをお読みのかただけに
旅レポをしてまいりたいと思います。

■今回、和田は前日から
別件で神戸入しておりましたので
私とはツアー会場で合流いたしました。

私が先に会場に着くなり、
和田からのLINE。

「生田神社から会場って
 歩ける?
 タクシーに乗ろうとしたら
 そう言われて乗せてくれず
 途方にくれています」
「タクシーの方がいいです!
 そんなに近くないので…」
「乗せてくれなくて、
 休憩で入ったカフェでも
 5分で歩けると言われたけど…」

結局、和田は汗だくで
ヒールとスーツケースで
疲れ果てたようすで会場に
やってきました。

というわけで、
現地人の「近い」は
信用できないことを
学んだ私達でした(笑)

■講演終了後は、仙台へ移動のため
即会場を出て伊丹空港へ。
スケジュールの都合で、
空港でご飯をすませてしまったので
神戸の味覚も、仙台の味覚も
味わえぬまま、
ホテルで泥のように眠りました。

翌日は、仙台ウーマンフェスタでの
貴重講演。
みなさん、うんうん!と頷き、
目をキラキラさせながら
陽転思考の話に聞き入ってくださいました。

■私だけしか知らない事実ですが、
その神戸〜仙台のわずかなあいだにも、
和田の陽転思考は進化していたのです!

もちろん、去年のツアーとは
違うのは当然ですが、
前日の神戸のときに
お話ししていた新しいポイントが
移動中に入ってくる情報や会話から、
和田のなかで形がはっきりとしてきて
昨日とはまた違う新しい言葉に乗って
出ていく感じです。

和田のセミナーを、10回も20回も
聞きに来ているかたのアンケートにも
「もう何度も聞いているのに
 また新鮮に感じました」と
書かれていました。

そうなんです。
それがこのツアーの醍醐味なんです!
http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

だから、何度でも
違う会場へ聞きに来て
その変化を感じ取っていただきたいです。
それは、和田だけでなく
みなさんの心の状態による
変化も含みます。

このお値段にしたのも、
みなさんが繰り返し聞けるように
「旅行がてら」でも
来れるようにという
和田の願いがあってこそなのです。
(でも会場では気を使って
「和田さんに会いに来ました!」
 と言って下さい!!笑)

というわけで、
大阪はまもなく完売!
伊勢・金沢・高松・博多は
もう少しありますが
最近またお申し込みの動きが
活発になってきたので
お早めにぜひお申し込みください。
http://mmct.jcity.com/?ct=204F14093F17F0F0

では、また来週のワダビジョンで!


===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>