和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:相手をハッピーにさせる表情作り
日付:2016/09/29
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

こんにちは、
「今だけ日刊ワダビジョン」の和田裕美です。

■ありえないくらいに
毎日の配信が続いているのは
なんでかってというと、

普通に仕事があっても
出張がここんとこ、少ないからなんです。

移動がないだけで
ほんとうに身体が
超楽チンなのだ!!

だから、書ける。

でも10月になると
あまり考えたくないくらい
出張も泊まりもあるし、
それに、イベント(ウレフェス2016)
プロモーション(スナックシャレード)もあって
かなり激しい嵐がやってきます。

だから今は文字どおり
「嵐の前の静けさ」ってわけです。

もも専務も
わたしが家にいる時間が多いので
喜んでいます。

■と、もも専務。
わたしが出張の用意をしはじめると
すごい態度が変わるんです。

様子を伺って、犬のくせに猫背になる。

「あ、ひろみはまた行くの?」って感じで
猫背で丸まった背中、
ひっこんだ首、で上目遣いで
じっとりと見つめるんです。

この表情と態度、すごい困ります。

もも専務が
「あそぼう、あそぼう、ひやっほ〜」
という顔のときは
わたしも明るい気分になれるのですが
この粘着質なじっとりした表情を見ると
「ごめんね、出張は仕事なんだよ…
 ごめんね…クスン」と
なんだか、申し訳ない気持になるからです。

とにかく、
「表情」というか「表現」というものは
言葉を発しなくても
相手に相当のプレッシャーと影響を
与えるってことです。

たとえ犬でも人であっても。

だからこそ、
相手をハッピーにさせる表情作りって
すごい大事なんですよね。

悲しい顔とか
怒った顔とか
困った顔とかだと
確実に相手にプレッシャーを
与えてしまうのですから。

==========
今日の気づきPOINT
「その態度がいやだ」
==========

■おとといのメールで
「感情を乗せない」ことを書きましたよね?

それに対応して、今日の話は
「感情は乗せない」はわかるけどさ、
そうはいっても感情でちゃうよ
って人に向けた内容です。

相手のほうが
むすっとしているとか
ものすごい威圧的とかだと、
そういうのはもう逃げるか
心をゾンビにして、感じなくするか、
目には目を…で、自分も無愛想になるか、
とか、相手をどうにかするのではなく
自分が対応するしかない。

でも、自分の態度は
自分で管理しないといけない。


■たとえば
会社で嫌なことがあって
「むすっ」として家に帰ったら、
家族はどんな気持になるか
想像してみてください。

気分がよくはないですよね。
とっても気をつかってしまいますよね?

なぜって、
この日本において
そんなネガティブな態度に遭遇すると
「わたしなにか悪いことしたかな」と
自分をネガティブに考える人が多いからです。

気にしないでいられる人とか
そもそも相手が
むすっとしているのに
気付かない人はいいんですけどね。

■だから、嫌なことがあって
むすっとしてしまうこのならば
「こんなことがあってね」と
打ち明けるほうがいいです。

その理由がわかって
それが「自分に対してじゃない」とわかると
人は、相手が怒っていても
むすっとしていても、ある程度は
受け入れることができるのです。

「いや、会社のことを家で話したくない」
という人多いですが
「あなたのせいじゃない」
ということを明確にしないまま
ただ、態度悪いというのは
とても相手を不幸にします。

だからこそ、
相手を思いやるという意味でも
理由を明確にしない行為は
避けて欲しいのです。

ということで
今日からは、できるだけ
ご機嫌な顔でいられる練習を。

毎日、鏡の前で笑う
鼻歌を歌う。
口角を上げてキープする。
目があったらニコリとする。
など、日々やってください。

意識すると、
変わってきます。

ところで、もも専務。
家に姉が来ているときに発覚したのですが
わたしが玄関を出るまでは
猫背になって悲しそうなんですが
ドアがしまると
「やれやれ、いきおったか」という感じで
背筋を伸ばし、
リビングに颯爽と戻るそうです。

こしゃくな奴め…(笑)

さて、人間関係に
こんなときにおすすめの本は
「人づきあいのレッスン 相手と自分を受け入れる方法」
http://wadahiromi.com/books/4478004048

もしくは
「『私は私』で人間関係がうまくいく」です。
http://wadahiromi.com/books/2014092601

読む気が起こらないとか言わないでください。
本は出来る限り読んで欲しいのです。
読むと、もっともっともっと
わかって、人とうまくいくから。
(ほんとう!!!)

ではね〜。

         和田裕美


======
 編集後記
======

みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂です。

■おかげさまで、
ウレフェス先日満席になりまして
ワダビジョン等で「空席待ち」の
受付を発表したところ、
そちらもすでに多数のお申込み
いただいております。

きっと、ギリギリまで
予定を調整されていたり
いろんなこととの兼ね合いで
決め兼ねていらっしゃったのだと
思いますが、
ついに「えいっ!」と決断されて、
ラストチャンスの可能性を
掴まれたかたたちです。

まだお約束はできないのですが、
入金期限切れによるキャンセルが
出そうな感じが、少し、しております。

ウレフェスのWeb ページにでかでかと
「満席御礼!」と表示してしまったので、
あきらめムードになってしまったかたも
いらっしゃるのではないかと思いますが、
まだまだ諦めなくて大丈夫です。
可能性が1%でもあるなら、
行動しておいたほうが後悔がないはずです!

ウレフェス2016
お申込み後の入金期限切れによる
自動キャンセルの空席待ち募集中!
(1日コースのみ対象、
 先着順のご案内となります)

上記の空席待ちを希望されるかたは、
お名前とご連絡先と
「空席待ち希望」をご明記のうえ、
support@wadahiromi.com
までメールにてご連絡くださいませ。
順次ご案内させていただきます。
(満席時点で受付終了)

ウレフェスの詳細は、こちら。
http://mmct.jcity.com/?ct=102F14093F17F0F0


それでは、また次回のワダビジョンで!


===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1