和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:和田、和田手帳に救われる。
日付:2016/10/11
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは、和田ひろみです。

■今日は「津」にて講演して
今、帰り新幹線(名古屋より)です。

「津」とは三重なわけで
名古屋から近鉄特急に乗り換えるわけです。

でね、わたし
今回は名古屋にて自分で切符を買わないと
いけなかったのです。

(まあ、いつもは甘えて事前に
 やってもらっているわけなのですよ。)

それで
「『賢島行き』の切符を買うこと」
を、忘れないように緊張していて、(あほ)
まるで子供のおつかいのように
「賢島行き」
「賢島行き」
「賢島行き」と念じていたら
いつのまにか、私のなかで 
「わたしは賢島に行くのだ」という妄想に
切り替わっており

周囲(スタッフ以外)に
「賢島に行ってきま〜す」
と漏らしていたのです。
(危険!!!)

■みなさん、ここから
ある程度、想像つく?(笑)
やばそうですよね。

わたしは、名古屋に着くと
意気揚々と
近鉄の窓口で「賢島まで」と言いました。
そして、達成感いっぱいで
賢島までの切符を買って
近鉄特急に乗り込んだわけです。

さて、ここで、みなさん
お手元に「和田手帳」ございますか?

そう、この「和田手帳」、
便利なことに巻末に
全国の電車路線図がございます。
そこで、名古屋から出ている近鉄線を
ご覧になればわかりますよね。

「津」
 と
「賢島」

なんか離れていますよね。

…うん、離れているのよ。

■で、わたしね
そんな先の賢島目指していたんです。
もう、完全にアウトです。

でもね
もうすぐ、「津」に着くかというときに
何気なく、スタッフ上坂が丁寧に用意してくれた
行程表を、ほんとうに何気なく見たんです。

そして
あれ?あれ?あれ?と、なって
穴が空くほどその用紙をみて
うぎゃ〜〜となって(笑)

でも、その3分後に「津」について
なんとか降りて、
駅まで迎えに来てくださっている方に
なにもなかったような笑顔でご挨拶できたのです。

危なかった……
講演、一本飛ばすとこだった。

笑い事じゃないけど
とにかくね。

あのふと
「なんとなく行程表を確認したくなった」
という、あの、直感はなんだろうと。

やっぱり、神様いるとしか思えない。
わたし、自分のアホさを棚に上げて
すごい、すごい、直感すごい!
となってしまいました。

「ああ、神様ありがとう」って実感です。

みなさん、
ふと思ったことって
ぜったいにやるべきですよ、
なんかすごいことがあります。
人生、変わります。

■あ、今日
手帳の二冊遣いを書く予定だったんだけど
バカなこと書いてしまった。

それに、もう18:44分で
今、(なぜか、ひかりに乗っている)豊橋でして、
スタッフが帰るまえにメルマガを送らないとなので
よし!二冊遣いについては
ブログに書きますね!!!
(あとでね)

あとね、ご質問で
こんなの来ていたんです。
これは明日答えますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【質問】
以前和田さんの著書を読んで
陽転思考に大変共感したのですが、
まだ自分のなかで
答えが見つかっていないことが残っています。

それは、
とても陽転できないようなことに対して、
どう向き合うか です。

他人に取り返しのつかない
迷惑をかけてしまったということや、
極論かもしれませんが、
知人をなくしてしまった
というようなケースです。

理屈のうえでは陽転も可能かもしれません。
けれど、自分の感情として陽転したくない、
陽転してはいけない気がする
ということがらについて
ぼくたちはどう向き合っていくべきでしょうか。

なんだか営業だけでなく、
人生にまつわるような大きなテーマの質問で
申し訳ありません。

自分なりに考えながら生きているのですが、
ぜひ和田さんのお考えにも
触れてみたいなと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、明日書くわけですが、
理屈のうえで
陽転してはいけないってどんなことか知りたいな。

もし、質問くださった方
このメルマガ読んだら、
そして差し支えなければ
教えてもらえる範囲で
もう一回メールください。
でも、ご覧になっていないとか
忙しい場合とかいろいろあるはずなので
ない場合は妄想で書きますね。

あと上記の質問と
似たような思い、
似たような経験がある方
いらしたら教えてください!
それも具体的に言える範囲で
おねがいします。

あ、他の質問も受けています。
(順番なので、すぐにお答えできないときあります)
support@wadahiromi.com


■繰り返しますが
今日は、「津」でした。

伊勢神宮に行けなかった悔しさがありまして
今年中にぜったいに「伊勢神宮」行くと
いま、決意しています。

そして、名古屋駅で
天むすが買えなかったことを
どうやって陽転しようか悩んでいます(笑)

ではね!
いつもありがとうございます。


      和田ひろみ


======
 編集後記
======
みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂です。

■本日を持ちまして、
ウレフェス2016
空席待ち希望も受付終了いたしました。

お申し出いただいたあとに
やっぱり行けなくなった…
という方もいらっしゃったので
私たちも泣く泣く残念でしたが、
また来年3月には、毎年恒例の
「『売れる営業』に変わるセミナー」も
開催予定しておりますので、
ぜひそちらにご参加いただければ幸いです。

ウレフェス参加の方には、
当日限定の特別なご案内もございますので
お楽しみに…♪

■そして、満を持して
その「売れセミ」がついについに
CD教材となって完成いたしました!!

こちらは、10月下旬ごろには
ネット発売予定で準備しております。
大人気の営業セミナーが
ご自宅で聞けるなんて本当にお得なのですが、
これまでDVD化はしていたものの
腰を据えてゆっくり見る時間がない
お忙しいみなさまのために
多数のご要望にお答えしまして、
ついにCD化しました。

CDでしたら、より「〜ながら」で
聞いていただけると思いますので、
通勤中・家事中・寝る前に流して睡眠学習…
など、活用の幅が広がりますね。

お値段も、DVDとほぼ同じ中身で
映像がないというだけで
めちゃくちゃオトクな金額ですので
より手軽に「売れセミ」を体験いただける
教材となっております。

とはいえ、聞いたらきっと
「これ、絶対ライブで受けなきゃ!」
となるはずですので、
セミナーもぜひ合わせてご検討ください。

新CD教材(10月下旬)・売れセミ16期(3月下旬)
いずれも詳細は改めてお知らせいたします!
お楽しみに。


それでは、また次回のワダビジョンで!


===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>