和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:理解して欲しい、「本を読む人」のこと。
日付:2016/11/29
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは、和田裕美です。

■このメルマガは
3万人弱の方が登録してくださっているんです。

だから、メルマガを読んでいる人が
全員、本を買ってくださったら
すでに3万部は売れるはずなのです。

しかし
なぜかそういう数字には到達しない…。

なんで?(笑)

■うん、そうなんですよね
メルマガを読んでいるからって
「本も読もう!」って
すぐにつながるわけじゃないんですよね。

それに
わたしが「本が好き!」という理由で
本を買わない、読まない人を
なんで?と思うことが間違っているのです。

本を買わない
本を読まない
という人も、
それぞれの趣味と価値観があるから
それで当たり前なわけなんですよね。

(ということで、さっきは
 「なんで?」なんて思って
 ごめんなさい。)

だからいいんです!
本なんか読まなくていい!
ネットニュース
ググって調べればいのだ。

…と、開き直ってみたけれど
これはちょっとわたし「拗ね子」ですね。
すみません。(笑)

■それぞれの価値観のなかで
私たちは生きているわけで
だからこそ、相手の行動や趣味が
自分と合わないときに
「なんで、そんなことが好きなの?」
とか
「なんで、こんなこと知らないの?」
とか
「なんで、そんな行動になるの?」
という、ことが起こってしまいます。

そして
「〇〇を好きなんて理解できない」という
思考になってしまうのです。

でも、これって
違うものや違う人生を
受け入れることができないって
言っているだけですよね?

相手がなぜそれを志向するのか?
相手がなぜそれに固執するのか?

その背景を理解して
はじめて「わたしはあなたを知っている」
という世界が生まれるのです。

そして、つながりが濃くなり、信用が生まれる。

■ということで、
「本を読まない人」の心をわたしなりに
妄想してみました。
◯「場所をとる」
◯「ネットで十分」
◯「本こそ節約対象」
◯「他の趣味に使いたい」
◯「本を読めない、苦手」

ちがうかな?
ちがったらごめんなさい。
もっと他にもあるかもしれませんが
とりあえずわたしの低い想像力から
生まれたものです。

でも書いてて思いました。
わたし、この気持理解できます。
わたしもそうだったし、
わたしも高い牛肉より「豚で節約」とか
すぐ思ってしまう人なんで。
(なんか例え方変かも)

では、お互いの理解なので
「本を読む!」という人のことも
理解してください。
ここでは「わたし」を理解して欲しいです。

■よく、小説家さんとか
昔から本をたくさん読んできた人たちって
いるでしょう?
わたし、ぜんぜん読んできてないほうなんです。

家、そんな環境なかったし、
本もなかったんです。
だから、ときどき読書感想文などで
読んでいたけれど、熱心に読んでなかった。

そんなわたしが
本をたくさん読むようになったのは
まさに営業をやるようになってからなんです。

まずは、ノウハウややる気
そして、モチベーションを上げるために。
上司に言われた本を、
結果が出ている人が「いいよ」、という本を
全部、買って読みました。

お金のないときに、一冊の本を買うのは
大変だったけれど、
上司に
「本はぜったいに借りて読むな。
 自腹切って買って読んで、線を引いて
 汚れるまで読め」と言われたので
素直にそうしていました。

成功している人が
やっていることを
わたしは素直に真似したんです。
そして、脳にたくさんインプットしたら
人格が変わってきて、行動が変わった。

それから、もっと成績を伸ばすために
小説を読み始めました。

とにかく、言葉を、語彙を、表現を、
できるだけ人より多く身につけることが
営業で勝つ秘訣のように思ったんです。

人生において
わたしにとって「本」は
今のわたしの一部でもあるんです。

だから私は本を読むんです。
それで結果が出て
それで人生が変わったからです。

「本を読む人」のこと理解してもらえましたか?

■さて、本屋さんにいくと
置いてある本って
どれくらい店頭に置かれると思いますか?

売れなかったら二ヶ月で返品です。
そして新しいものがやってきます。

だから本屋さんでみかけて
「今度買おう」と思って、今度いったときは
もうないんです。
タイトルを忘れていたら
もう出会えない、それが本です。

命がけで、長い時間かけて生み出したものが
たったの二ヶ月で死んで行くのを見ると
もう、自分が引き裂かれるように
悲しい気持になります。

「本」は生きているんです。
だから、ずっと長生きして欲しい
と私は思うので
ぜったいに本を読むようにしているのです。

と、いうことで
わたしのことをちょっとでも
理解してくださったのなら
やってみないとわからない
読んでみないとわからない
という精神で
一回くらい読んでみようかなと
思って欲しいな。

それがこのメールを読んでいる
たった一人の人であっても私は嬉しい。
すごくうれしい。

明日「幸せなお金持ちになる すごいお金。」が発売です。
Amazon https://goo.gl/b96FJm
楽天 https://goo.gl/PGQhG5
紀伊国屋さんでの先行発売が
すごい売れ行きでした。
この本の出版記念イベントを
12月13日(仮)に予定しています。
いまのうちにスケジュールあけておいてください。
(忘年会シーズンだしね)

お金持ちになりたい人は
天国貯金の話をぜひ人生に取り入れてください。

また明日細かいレビューを
上坂にしてもらいます!(いきなりふる)

そして、
本日のTwitterで
「本を読んで号泣したの久しぶり」など
泣けるということでも、
ますます話題にあがってきている
「ママの人生」を、
あなたの人生に一回でいいので
取り入れてくださいませ。
http://mmct.jcity.com/?ct=306F14093F17F0F0

======
 編集後記
======
みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂です。

パワースクール新規登録キャンペーン、
初月無料でCDがもらえるのは
明日までです!
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0

今まで躊躇してたけど、せっかくだから
今入ります、というかたなど
続々お申込みいただいております。

…実はですね、12月10日の夜に
パワスク会員さんだけをお呼びして
忘年会を開催するのです。(都内)
和田とお酒を酌み交わし、
写真をとったりサインをしたり、
事務所からちょっとした
プレゼントがあったり…と、
絶対楽しくて貴重な会になりますので
ぜひ今日明日のうちにパワスクご登録のうえ、
忘年会にもご参加下さい!
(忘年会のお申込方法は
 登録されたかたへご案内します)

■和田の突然のバトンに驚きながら
実はこんなこともあろうかと
今回は読みながらばっちり
メモをとっておりましたので大丈夫です!笑

小説とは違って
みなさんの想像を掻き立てるより、
この本(すごいお金。)を読めば
【何が残って、どう変わるのか】
を、明日お伝えしようと思います。

さて、その「すごいお金。」は
紀伊國屋書店新宿本店さんで
先行発売しており、
そこで購入されてすでに感想を
送ってきてくださっている方が
いらっしゃいますので、
いくつかご紹介いたします。

あ、感想を送ってくださった
先着50名さまに、
☆「陽転思考で稼げるセミナー」の秘密動画一部、
もしくは、
☆この本制作時に泣く泣くカットした部分
の、どちらかをデーターでプレゼントします!
support@wadahiromi.com
へお送り下さい。

=====
◯Fさま 女性
先着で特典が頂けるとの事で紀伊国屋書店へダッシュして買ってきました。
和田さんが天国貯金って言葉を他のイベントなどで言っていたのを聞いて何だろう?と思っていたのですが、そういう事だったのか!とわかりました。
今までの私は節約するのが美徳と思っていたのですが、もっと自分に対して価値を高めていこうと考えを改めました。

◯Iさま 女性
天国貯金、分かりやすく、そしてさすがのすごい発想です!
プライスレスを、プライジングしていく、というのも、その価値の高さを改めて感じさせてくれ、より一層価値観が上がり、感謝の気持ちが強くなりました。
取り急ぎ1度読みましたが、再度ゆっくりと読み直してみたいと思います。

◯Mさま 男性
(元々お金に執着がないので)お金に執着してない感じで読んだのですが、「お金ない」って言ってしまって不安を倍増させてしまう、というところで、これって「時間ない」っていうのも一緒だから「時間ない」っていうのはもうやめようと思ったり、「天国貯金」は大事だし、もっとためることを意識してみようと思ったりいろいろ、気づくところはありました。
一番びっくりしたのは「お金がない」という状況だけは、陽転思考でも解決できないことが分かったんです。という一文。陽転思考で解決できないことがあるなんて!
読んでいる間、和田さんの講義を受けてる感じになるし、漫画もはいっているので楽しめたし、それに、なんといっても、最後の手書きのメッセージが背中を押してもらって「よし!やろう!」という気持になりました。
やってみて、体験してみないとですよね。

=====

そうですよね!
やってみて体験してみないと分からないですよね!!
だからまずは買って、読んで
体験してみてください。(笑)

ご感想くださっているみなさま
ありがとうございます!

「幸せなお金持ちになれる すごいお金。」
和田裕美(SBクリエイティブ)
http://wadahiromi.com/books/sugoiokane

発売はいよいよ明日!
ネット予約のかたも
明日、明後日くらいから
発送されると思いますので
ぜひ感想先着50名にくいこんでください。


ではまた、次回のワダビジョンで!


◯パワスク新規登録キャンペーン〜11/30まで
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0

===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>