和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:挑戦宣言!
日付:2017/03/28
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


みなさま、こんにちは。
スタッフの上坂(うえさか)です。

◆私事ですが、沖縄で生活し始めて
はや1か月が経ちました。

とはいえ東京へ行ったり
神戸の実家に帰省したりと
まだ思うほど沖縄を満喫できていません。
沖縄在住のお客さまからは
おすすめのお店や
いい情報が載っているブログを
教えていただくお声などが届いており
うれしい限りです!

そして、マンションの外壁工事が
先週終わりましたので
今は沖縄の温かい日差しが
窓から差し込んでくるのが
日々の小さな喜びです。
お布団も思う存分干せてうれしい!!

沖縄で私がこれから
挑戦したいと思っているのは
ヤギ汁と、泡盛の古酒(クウスと読みます)、
ボディーボード、
そしてダイビングライセンス取得です。

一番の強敵はヤギ汁です。
現地のかたですら
好き嫌いが分かれるそうですが、
ところが実はゲテモノ行ける派の上坂は
多少のことでは驚かないはずです。

ヤギ汁の感想、ぜひお楽しみに。

◆さてさて、ヤギ汁の前に、
ご紹介しておきたい感想がございます。
そうです、「和田塾 運をつくる授業」の
ご感想です!
http://mmct.jcity.com/?ct=323F14093F17F0F0

きっとみなさんは、ヤギ汁よりも
こちらのほうを楽しみにして
くださっているのではないでしょうか。

メールで弊社に感想を送るのが
「ちょっと恥ずかしい」
と思っていらっしゃる方も
たくさんいらっしゃると思うのですが、
匿名でご紹介いたしますし、
アウトプットが何よりもよい復習になりますので
ぜひトライしてみてください。

和田もよくセミナーで
「エビングハウスの忘却曲線」の法則に触れ、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%98%E5%8D%B4%E6%9B%B2%E7%B7%9A
(Wikipedia参照)
学習後の復習・半数の重要性や
忘れたころの再受講をお勧めしているのです。

感じたこと、響いたことを
言語化することはとても大切なのだそうです。

さて、前置きが長くなってしまいました。
どんどんご紹介してまいりましょう!

=============
〇今回初めて私からメッセージを送らせていただきます。
今日は1日仕事がOFFだったので、本屋へ行き、私が落ち着くカフェで一気に『運を作る授業』を拝読しました。

もう、この時間があるだけでホント幸せ〜と思いながら読みました。
私の人生山あり谷あり、でも幸せ!といつも思って生きています。私はもともと山を登ることが好きです。ですから、和田さんがいう「谷」もうんうん、そうそうと確認するように読んでいました。
が、読み進むうちに、また新たなスイッチが私に入りました。

ワクワクは見えないところにあり、この見えない影をアップライトで照らして輝いてこそ運気があがる。
わっ、そうだよ、そうだね!!と、私の中にその運玉のイメージがグンと入り込み、体中が熱くなりました。

和田さん、この本を書いてくださり、ありがとうございます。
和田さんのみんなに伝えたい!という愛溢れる講演をわずか数メートルの距離で聞くチャンスがあったりして、私は本当にラッキーなんです。

これからもワクワク陽転思考を持ち続け、私の周りの人たちに私の幸せを分けて行きたいと思います。

心の赴くままに書いてしまいましたが、私のこのワクワクした気持ちが和田さんに伝わったら嬉しいです。和田さんのご活躍を楽しみにしています。ありがとうございました。
(Sさま 女性)

〇34ページのバイオリズムのようなイメージは前からなんとなくあったけど、37ページのようなイメージは自分のなかにはなかったです。というより二段上へ行くとか行けるという発想がなかったように思います。
自分のこともどこか信じきれなくて谷にいるのがなんだかフツーかなというような感覚があったようで、なんとかしたいと思ってあがいているけどなかなか這い上がれずにいたようです。

でも、私は幸せになりたいしなっていいんだとおもわなきゃダメだなと今考えてるところです。

和田さんの手帳の「私は私でよかった」と心から思えるweekともリンクするかなと思いますが とにかく今あるもの(私自身も含めて)に感謝して笑って上を向いていこうと思います。
(Nさま)

〇5部構成で順序をおって書かれていたので、わかりやすかったです。
私がその中でも心に残ったのは、1時間目では、「谷での過ごし方」→心の階段をのぼるために、よく自分と向き合ってその答えを見つけること。
2時間目では、自信があると運が良くなる為、自信のある人を観察し、書き出し、真似をしていくこと。
3時間目では、何を学んだのかの「気づきのキノコ」を見つけ、「ありがとう」をたくさん見つけ感謝の階段をあがろうということ。
4時間目では、自分の為から、誰かの為で、心の満足でストレスなどの炎症をなくしていこう。
5時間目では、今日の一粒の砂の感謝を積み上げ、運が集まる砂浜をつくろうということ。

どれも大切ですが、私には、1時間目と3時間目が大切なので、この部分を中心に行っていこうと思います。

全て、実践あるのみですので、自分の手持ちのカードの“ある”をたくさんみつけて、どんどん行動して、おしゃれもして、顔をあげて、自分の行きたい所に向かっていこうと思います。
(Iさま 女性)

===========

今日のところはこれぐらいに
しておきます!

すでに運が良いと思っていらっしゃるかたも
これから運がよくなっていくであろう
きっかけをつかまれたかたも
いらっしゃいますね。

どなたさまも、
今この本を読んだことで
2017年度の素晴らしいスタートを
切られるのではないでしょうか。

お手に取られていない方、
ぜひ今すぐ、運を切り開く
大きな大きな一歩を
踏み出してみてください!
「和田塾 運をつくる授業」(廣済堂出版)
http://mmct.jcity.com/?ct=323F14093F17F0F0

ご感想もお気軽にお送りくださいませ。
support@wadahiromi.com


それでは、また次回のワダビジョンで!


==============

〇もうご登録はお済みですか?
http://mmct.jcity.com/?c=85&e=N0UmMHTIKubulLub_fh30A11

和田裕美の会員制度「パワースクール」。
刺激たっぷりの学び場です。

もちろん、実際のセミナーほどまでは
個々にあわせたご指導ができないにしても、
和田がずっと大切にしている考え方や
営業やコミュニケーションのスキルなど、
常に進化・変化をしておりますので
☆毎月届くCD 
☆見放題の動画 
☆週2通の会員メールレター
などを通じて、
はば広く和田の最新メッセージを
発信し続けております。

中でも、毎月のCDは非常に好評で、
1年で12枚も非売品のCDが手元に届き、
繰り返し何度も聞けちゃいます。
毎号心に刺さる言葉が溢れているので
CDだけでも会費の価値がある!
とおっしゃるかたも多いのです。

最近ご入会くださった会員さまも、
「和田さんの講演を昨年聴く機会があり、
 その日から私は和田さんに
 ハマってしまい、本を爆買いし、
 メルマガもブログもラジオも手帳も購入し、
 終いにはパワスクにはいってしまいました!
 お陰様で幸福感や
 やる気の変化がすごいです!」
とさっそくご感想をくださっています。

日々和田がおそばで
みなさまを叱咤激励する生活を
味わってみてはいかがでしょうか?

パワースクール
いつでもご登録いただけます。
http://mmct.jcity.com/?c=85&e=N0UmMHTIKubulLub_fh30A11

===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>