和田裕美の「週刊ワダビジョン」 (バックナンバー)
----- 和田裕美事務所株式会社 -----



件名:知らずに「悪徳」になる前に。
日付:2017/05/25
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

和田裕美の無料メルマガ「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine

こんにちは、和田ひろみです。

■大阪で
かなり美味しいお肉を料理する、
かなり有名でなかなか
予約のとれないお店があって、
その店が東京の世田谷で
期間限定オープンするということで
グルメな友人が
コネというコネを使いまくって
そのお店の予約をとって、
誘ってくれたことがありました。

何年か前のことで、
何を食べたのかも、
その店の名前すら覚えてないのですが
(すみません…)
そんなわたしが
今でも、しっかりと覚えているのが
そのお店で
西原理恵子さんに
お会いしたことなんですよね。

同席のグルメ友人の
知り合いの知り合いとかで
ちょっとご挨拶して、
一緒に写真をとってもらったんです。
そのときの西原さんは、
(酔っていたことも
あるのかもしれないけど)
とても自然に腕をからめてきて、
トロットロの笑顔で
にんまり笑ったんです。

その気配感が圧倒的にすごくて、
そしてすごく美しくて、
どきどきしたわたしは
「ああ、この人は、
ほんとうにいろんな人を魅了しちゃうな」
「身体中から生きてきた人生が
にじみ出ている人だ」
って思ったんです。

あんな気配は、
どんな美人にも出せないです。

その後、
その西原さんと高須クリニックの
高須院長が結婚されたと聞いて

「高須院長ってすごい!
見る目がありすぎる!
 本物がわかる人は本物だ」

と、いっきに高須院長の株を
急上昇させておりました。

■…と、今日は西原さんではなくて
そのダーリンの高須院長の話。

最近、高須院長は
民進党の大西議員と蓮舫党代表らを
名誉毀損で1000万円の損害賠償を求めて
東京地裁に提訴しましたよね。

その理由は
みなさんすでにご存じのように
大西議員が、よく調べもしないで
高須クリニックを揶揄して「悪徳」と
言ったことにあります。

でね、わたし、この提訴
大いに賛成しているんです。

ちょっと、すかっとしています。

■確かに
「悪徳」な業者というのは、存在します。

それは明らかに、
その商品やサービスが「嘘」ということ。
お金を払ったあと、
サロンが消えているとか、
水道や、布団の無料検査をして
「水質が悪い」だの
「ダニがいる」などと騙して、
商品を売りつけるとかです。
とにかく相手を騙している場合です。

でも、そうでないのに
あくまでも業界のイメージだけで
「悪徳」って決めつけてしまう傾向が
あるのも事実。

わたしも今まで
「真面目に商売やっているところも
巻き込むな」
って、ずっと思ってきたんです。

だから今回の高須院長の
「ウチは“エステで集客”も
誇大広告もやってない。
 40年以上マジメにやってきて、
 料金だって消費税分しか
上げていないんだよ。
 それを中西議員は、調べもせず
 悪徳ビジネスとひとくくりにして蔑んでいる。
ただでは済まさないよ」

という言葉に、
大いに共感しているわけです。

■さて、今回、
大西議員が取り上げた
悪徳ビジネスとは、

「大手エステチェーンが、
“痩身エステ80%オフ”
 といった広告で集客をし、
 傘下の美容クリニックに
お客さんを勧誘する」
というものでした。

ここで、ちょっと
考えて欲しいのですが
この場合はなにをもって
「悪徳」となるのでしょうか?
80%オフのエステで釣って
高額な美容外科を進めること?

■大西議員が持ち出した
エステサロンが
どうとかではなくて

「もっと痩せたいのなら
 本格的な美容クリニックのほうが
痩せます」
というのは 
わたし、ある意味、
事実だと思うんですよね。

ようは、痩身エステで
マッサージするよりも
脂肪吸引したほうが、確実に
痩せるとは思うんです。
(痛そうだけど)
 
大事なことは、
ここでお客さんが
すごく太っていることに悩んでいて
どうしてもどうしても痩せたいと
本気で思っているのならば
いろいろな方法を提案し、
それらの安全性や、マイナスとプラス面、
コストなどをすべて本人に説明し、
どれがご本人にとって一番いいかを
ご本人から選んでもらうことって
とても大事なサービスだということです。
 
だから、違う側面でみたら
併設のクリニックがあって
違うご提案できるということは
そのときのお客さんの状況によっては
喜んでもらえる可能性も
あるということです。

まあ、
「80%オフで釣って高額商品に勧誘」
したという部分を
切り取るとなんか悪徳っぽいのは
確かなんですが…(苦笑)
 
ようは、お客さんが
「騙された!」
と受け取ったかどうかなんですよね。
 
■商品やサービスがまともでも
業者が「悪徳」になってしまう
最もたる要因は
実は、営業マンの資質によるものです。
  
断れない空気を作って
お客さんの気持ちを考えずに
強引に契約させてしまう
営業がいるせいです。

安い金額の商品で興味を持ってもらって
もっとよいものを勧めるという手法は
ある意味、不動産でもスーパーでも
どこでもやっていることなんです。

だから、お客さんが不快になったら
「騙された!」となり
お客さんが
「いいものと出会えた」となったら
「ありがとう」となるのです。

繰り返しますが、
よい商品やサービスでも
悪い評判が立つのは
“営業マンの教育ができてない”から、
まさにここです。
 
■それに、営業がどんな提案をしても
お客さんには
クーリングオフや
消費者保護法という
「断る権利」があります。
 
その提案を
無理と思えば“断っていい”のです。

でも、提案がないと
選ぶことも
断ることも
できないんですよね。

「勧誘」という言葉に
ブラックなイメージが
あるかもしれませんが、
正しい営業活動において
「勧める」って真っ当なことなんです。
 
知らずに「悪徳」になってしまう前に
どうか、営業マンを
愛される人に変身させて
ファン作り営業を構築してください!
(これも教材つくろうか検討してます)

高須院長、ぜったいに勝ちますね。
 
 
ではね〜


和田ひろみ


・・・・・・・・・・・・・・

■愛されキャラになるために
おすすめ本は
「人に好かれる話し方」です
30万部突破の和田ヒット本です。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4479791221?ie=UTF8&tag=wadahiromicom-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4479791221

■信用される
「クロージングトーク」は
「成約率98%の秘訣」にすべて
ぎゅっとつまっています。
http://amzn.to/1VRNpJd

■無料配信中
Podcast「WADA CAFE」
●最新号配信中!
「神経質にならない自分を作ってみよう」
● 5/8配信号「はじめのスイッチを押した人からみるみる変わっています」
●5/1配信号「和田流 親子の在り方」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/he-tian-yu-mei-rajio-wada/id478441796?mt=


それでは、また次回のワダビジョンで!


===============

▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


◯和田裕美が校長!◯
大人のためのデジタルスクール、
毎月会員CDが届いて、動画見放題と
とってもお得。
スマホで、パソコンで気軽に
いつでも学べる会員制度
【パワースクール】
http://mmct.jcity.com/?ct=85F14093F17F0F0
いつでもご入学いただけます。

◯Podcast年間DL数450万以上!◯
11年続く和田のPodcast番組
「Wada Cafe」
毎週月曜に配信中!
Podcastで無料購読はこちら
http://mmct.jcity.com/?ct=425F14093F17F0F0

--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承くださいませ。

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください。
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください。
<購読停止URL(アドレス確認あり)>