和田裕美の「週刊ワダビジョン」(ほぼ日刊) (バックナンバー)
----- 株式会社HIROWA -----



件名:「書くことのトレーニング」
日付:2017/06/09
差出人:和田裕美の「週刊ワダビジョン」 

「週刊ワダビジョン」
【ぜひ、ワダビジョンをお友達にも教えてあげてください】
http://wadahiromi.com/transmission/mailmagazine


こんにちは、和田ひろみです。

■メルマガを毎日書いていると
「ネタに困りませんか?」
と聞かれました。

いまのところ、
ネタはたくさんあるので
「なんとか大丈夫です」
と答えましたが、

「毎日書く」
という目標を作ったのは
ちょうど先月の今ごろ。
継続して、まだ一ヶ月とちょっとなので
そんな短い期間ですでに困っていたら
それこそ“困る!!”
って感じですよね(笑)

でも、過去には
一週間に二回のメルマガでも
書くことに困っていたときもあり、
「毎日書こう」と
思っているだけで、
いろんなところに
アンテナをはるようになって
ネタが増えていくのだなと、
最近は思っています。

だから、ほんとうに
「毎日」って大事なんだなと
今になってつくづく思っています。

■と、そんなことを考えていて
思い出したのですが、
2008年〜2012年の4年間、
「『あ』からはじまる成功キーワード」
という連載を
メルマガでやっていたんです。
ご存知の方もいらっしゃると思います。

これは、
「あ・い・う・え・お・・・・」の
文字からはじまる言葉を使って
文章を作るというもので・・・
つまり・・・

「あ」からはじまる言葉で
タイトルを作り、
それに合わせて
メルマガを書くのです。

それが「わ」まで続くと
こういうことです。

「あ」ならこんな感じです。
     ↓
1年目(2008年) 「ありがとうで返事をしよう」
2年目(2009年) 「相手の立場になって考える」
3年目(2010年  「あきらめないで再生しよう」
4年目(2011年) 「愛されたいと思うこと」

「い」ならこんな感じです。
     ↓
1年目(2008年) 「いつかを今に変えよう」
2年目(2009年) 「陰徳を積める人になろう」
3年目(2010年  「痛みを耐える時期がある」
4年目(2011年) 「一期一会を大切にしよう」
  

■このシリーズをやっているときは、
いつも、辞書を見て書いていました。
でも、「ぬ」とかは言葉が少ないので
とにかく難しかったんです。

でも、また再開したいシリーズです。
これですごく、
力がついたように思うのです。

ちなみに、これが
3年目の「ぬ」のテーマです。
        ↓
2010年 「ぬか床は底からかき混ぜる」

すでに苦しそうでしょう?(笑)

そして、このように
文章を無理やり作っているわたしの
作業をご覧ください!
    ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

010年8月24日号
「ぬか床は底からかき混ぜる」

■子供の頃、おばあちゃんが
ぬか漬けをつくっていました。
ぬか床に塩を付けたキュウリやなすを
ぬかに埋め込む作業を見ていると
茶色いぬか床はたぷたぷして、
ひんやりして、
本当に気持ちよさそうで、
いつも「なぁ、触らせて」と
お願いしていたのです。

でも、私が表面の方ばかり触っていると、
おばあちゃんは
「ひろみ、ぬかっていうのは
 生きているんやで。
 だからな、
 底のほうまで手を入れて
 空気がまんべんなくいくように
 毎日かき混ぜないと、
 死んでしまうんや」

と、教えてくれました。

■目の前にある「ぬか床」が
生きているようには
全く見えなかったけれど、
底からかき混ぜて、
空気をまんべんなく
行き渡らせることが
「生きる」という意味なのだと
なんとなく思ったのです。

■私たちの人間関係は
この「ぬか床」のようです。
私の組織も、
この「ぬか床」のようです。

表面的に見えるところばかりに
気をつかって、
目立つことばかりに
気をとられていると、
いつしか、
縁の下で支えてくれている人の気持ちや
今まで育ててくれた人への恩なども
忘れていくのです。

見えないところにも
きちんと意識ができる人に
なりたいものです。
いつまでも、
支えてくれている人への感謝を
忘れない人でいたいものです。

■人間関係を「ぬか床」のように
毎日かき混ぜるというのは、
「関心を寄せる」ということです。

自分の意識をそこに流すということです。
だから活性化して
組織も人間関係も呼吸しているみたいに
生きてくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここまで。

■この連載の4年間、
なかなかのトレーニングになりました!

振りかえってみると
日々、こうやって
書くことの“素振り”を
してきたのだなと思います。

いや、これだけ書いてきても
まだまだ、ゴロくらいしか
打ててないんですけどね・・(苦笑)

でも、こういうトレーニングが
その後の小説を書くということに
すこしでも
繋がっているかもしれないと思うと、
大事な経験だったなと思っています。

あえて言うのもなんですが、
トレーニングを続けるって大事ですよね。
自分で「できている」と
思っていることであっても
まだまだ「その先」があるからです。

そして、どこまでやっても
どんどん「その先」が広がっていくのです。

書き続けたら
わたしも「その先」のもっと
向こうに行けるかもしれない。
そう思ってやり続けますね。

これ、まだまだストックがあるので
読みたい人がいらしたら
またメルマガで紹介しますね!
ご要望あればくださいませ。

では、みなさん
よい週末を!



和田裕美



=========================



▼和田裕美事務所公式HP▼
http://mmct.jcity.com/?ct=17F14093F17F0F0
■和田裕美 株式会社HIROWA
  http://wadahiromi.com

→ 和田裕美のコンテンツ丸ごと会員制度
 【パワースクール】
 毎月会員CDが届いて、動画見放題
 https://powerschool.tokyo


→ 和田裕美のブログ
https://ameblo.jp/wadahiromi
  スタッフサバブログ 毎日更新中
https://ameblo.jp/wadahiromistaff/


→ ▼和田裕美のオーディオ・ゼミ▼
( ダウンロード教材)はこちら
  https://hirowa.thebase.in/

ダウンロード教材の
感想を送ってくださった方には
次回使えるクーポンを差し上げています!

→ ▼和田裕美のラジオ▼
FM FUJI ラジオ「WADA CAFE」
www.fmfuji.jp/wada/
毎週金曜24:30〜25:00

*どんなエリアの方でも
Podcastでも後日お聴きいただけます
https://itunes.apple.com/jp/podcast/wadahiromi-channel-wadacafe/id478441796?mt=2

スマホアプリ「ラジオクラウド」でも可能

アメリカLAのTJS Radioでも放送
http://www.tjs-radio.com/
LA時間金曜日22時〜(日本時間土曜日15時)
再放送は土曜日正午〜(日本時間日曜日午前5時)

「WADA CAFE」では、
和田へのご質問・ご相談も
お受付しておりますので、ぜひお寄せください。
(▼ページ下部にフォームがございます)
http://wadahiromi.com/transmission/podcast

=================

●みなさまから、日々
たくさんのご感想やご質問をいただき
本当にありがとうございます。
当メルマガや和田のブログ等で
ご紹介させていただく場合がございますので
匿名を希望される場合は、
その旨をご明記くださいませ!
ご感想・ご質問はこちらまで。
support@wadahiromi.com


=*=*=*=*=*=*=*=
〇和田裕美の「週刊ワダビジョン」〇
全バックナンバーを
こちらからご覧いただけます↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=perie&MagazineID=1&T=ALL


--------------------------------------------------------
和田裕美の無料メルマガ
「週刊ワダビジョン」

こちらは、配信専用になりますので
ご連絡をいただいてもお返事出来かねますので、
ご了承ください。

☆メールアドレスの変更をご希望の方は、
 旧アドレスを購読停止していただき、
 新アドレスにて、再度ご登録ください。
 ご不明な点等ございましたら、
 support@wadahiromi.comまで
 ご連絡ください。
 
☆購読停止は次のURLをクリックしてください。
https://mm.jcity.com/MM_PublicCancel.cfm?UserID=perie&MagazineID=1